スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

鬼は内、すると心がきれいになって福が来る(2017)

今日は節分ですが、僕は1年前のこの時期に鬼は内、すると心がきれいになって福が来る」という文章を書いています。以下、その文章を引用しますね。

☆彡 ☆彡 ☆彡

鬼は外、福は内。

これはご利益を求める気持ちから出る言葉で、人々は自分に都合の良い福を求めます。
ですが、福を求めても大抵は叶いません。それは自分を顧みることがないからです。
それでも都合の良い福を求め続けることが、
この世界に混乱をもたらしているのではないでしょうか?

昨日、プロ野球選手の清原和博が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されました。
清原は昨年3月、NHKの取材に対して以下のように語っていたようです。(NHKニュースより)

---

「引退したあと、自分の気持ちをコントロールするのがすごく難しかった。9歳から30年以上ずっと野球のことばかり考えてきて、野球選手としての清原和博が終わった時に、俺はどうしたらいいのかと思うようになった。最後は膝の故障で納得して辞めたが、引退後は1日をどう過ごしていいのかが分からなくなった。野球選手としては悔いがなかったが、引退後は心に穴が開いた感じだった」

「僕自身は弱い人間です。高校1年の時に、野球を見るとおなかがいたくなったりとか、小さい時は人見知りが激しくてお母さんの後ろに隠れたりしているような感じだった。それなのに、岸和田の清原が甲子園でいきなり全国区の清原になり戸惑いがあった。世間が清原を見るのは常に拳を振り上げているイメージ。だけど本当は、怖く見せてバリアを張るのに必死だった」

「現役時代は、どんなにファンやマスコミから悪く言われようとホームランを1発打てばすべてが挽回できた。バット一振りでなんでもできる世界だったから。ただ、引退してしまうと、いろんなことでネガティブに見られても、それを挽回する方法がない。清原和博という名前を恨んだこともあった。この名前がずっとついて回ってきて、何をやっても何か言われる。この名前を背負っていくことが嫌だった」

「野球というものがなくなり何も戦うことがなくなって、大量にお酒を飲んでしまったり、家族に会う時間もないほど荒れていた。今は、離婚して子どもともあまり会えなくなり、野球の仕事がなくなって、何もすることがない。この部屋にいて天井を見ているだけです」

---

多くの人々があこがれる野球のスター選手だった清原。
それは求める福が叶った状態とも言えます。
ですが、内面は苦しみを抱えていたことが伺えます。

そして、スター選手の陰には多くの挫折した人々の存在があるのです。

人間性の伴わない幸運。それが人々や社会に何をもたらすのか?
スターを求める人々の心理が清原の状態を生み出したとも言えるのです。
清原の存在はまさに時代を象徴しているように思えました。

鬼を内にいれて、自らを正し、その結果、福が来る。

そんなふうに生きる時、ずっと幸せに過ごすこと出来るのです。

鬼は外、福は内。

それは大切なものが逆さまになった言葉です。

だから苦しみが生まれ続ける。

今、世の中がひっくり返る時が来ています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この文章。書いたのは僕なのですが、内容はいさどんが大人ミーティングで語ったことです。自分が理解したことを書いているのですが、その出どころを明確にすることを怠っているのです。そこには僕のアピールの心、良く見せようとする心が働いていましたが、昨年の7月「みんな自我の幻想の中で暮らしている」の中で僕はこのアピールの心について取り上げています。

アピールするのは評価を求めるからであり、それはご利益を求める気持ちと似通っています。つまりは僕の心の中には、「鬼は外、福は内」といった都合の良い現実を求める気持ちがあったのです。書いていることと実体の間に矛盾があり、だからこそ僕は昨年の夏に滞りを経験することになりました。この世界の法則は本当に完璧で信頼できます(^-^)

鬼を内にいれて、自らを正す。

そこにはアピールの心はいりません。思惑を離れて自分を空っぽにしていくだけです。人は出来事に出会うとそれに対する心の反応が起こります。自分の想いでいっぱいになっていると、出来事とそれに対する自分の反応が世界のすべてとなり、出来事に翻弄されることになります。ですが、その奥には自分の人間性があり、時代の流れがあります。そこに目を向けることが大切です。

出来事に出会い反応した時、その反応を外から眺め手放すように心掛けます。そうすることで自分を知り、その自分を空っぽにしていくのです。するとそこに天の意志が流れ込んできます。

それが天と共に生きることであり、そんなふうに生きていこうと思っています。

この世界の法則に沿って生きていく。

それは自分の人間性の向上から自ずと変化していく世界を見ていくことです。何かを求めるわけでもなく何かを計画するわけでもなく自ずから生じる変化を味わいこの世界を知っていきます。

世の中がひっくり返る。

それは主体を自分から世界へと返すことを意味します。今まで多くの人は広い世界を自分の想いという狭い世界に閉じ込めてきました。想いは一人ひとり違います。その違いが際立ち分断が進んでいきました。これからの時代は広い世界へと自分自身を解放していくのです。するとみんなが広い世界に溶けて一つとなっていきます。みんなが溶けて一つになる。だけれども溶け方は人それぞれオリジナルなもので、一つになる過程の違いが世界を豊かにしていくのです。

すべてが一つに溶け合っていてそれでいて多様性溢れる世界。

そんな世界をみんなと表現していきたいな(^-^)と思っています。

榊鬼(富士浅間木の花祭り)です。

同じく榊鬼(富士浅間木の花祭り)です。


山見鬼(富士浅間木の花祭り)です。

金神さまの後ろ姿(富士浅間木の花祭り)です。

コメント

人気の投稿(過去1年間)