スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

みんな自我の幻想の中で暮らしている。

僕のブログ「ただ湧いてきたものを表現していく」について、いさどんとようこちゃんは以下のような会話を交わしたそうです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

いさどん:

人柄にメスを入れることは難しい。でもそれは、人柄を変えるわけではなく、さわやかに生きるということなのに、人柄を変えてしまおうと思ったら無理がくる。人柄は個性だから活かさないといけない。

ようこ:

たとえば、今回のなかのんのブログに表現されているのは、あくまでもなかのんでしょ?でも、魂がこもっていたね。

いさどん:

この人は柱が立ってきて、物事が観えてきたということが感じ取れる。

ようこ:

それはやはり、なかのんがいさどんに伝えられたことを受けて、人柄にメスを入れているからだね。

いさどん:

今までなかのんのブログを読むと、そこにはアピールがあって、僕に言われたことも自分で考えたように書いていたようなところがあった。ところが今回は、いさどんがこう言いました、ということが素直に載っている。

☆彡 ☆彡 ☆彡

これを聴いて、思い返してみると、確かに僕はいさどんに言われ、
それにより理解したことを自分で考えたように書いたことがありました。

理解したことを自分の考えにしていく。

それは成長に繋がる大切なプロセスですが、
自分で考えたように書くことは正確な表現ではありません。
それは自分を高く見せる行為であり、
評価を求めるためにいさどんの知恵を利用したとも言えます。

その行為の奥にはアピールの心があり、アピールの心が正確ではない表現に繋がります。
そこで語られる言葉には魂(本当の自分・実態)がこもることはありません。

ここで今の社会を見てみます。

すると、アピールのために語られ、魂(実態)が抜け落ちた言葉が溢れていることを感じます。

例えば、安倍政権は2012年の三党合意で定められた消費税増税を先送りにしています。それは世論の機嫌を取るためのアピールであり、民進党も同調し、合意の重みはすでに失われています。

安倍政権は、2020年度の基礎的財政収支の黒字化や名目GDP600兆円の達成なども目標として掲げていますが、とても実現するようには思えません。ですが、これらは多くの人にとっても都合がよい目標となっています。なので、そのまま流されていき、言葉からは完全に魂(実態)が抜け落ちていきます。

そして、今回の参議院選挙で東京選挙区から出馬した三宅洋平さん。
彼の言葉はとてもかっこよくて、多くの人を惹きつけます。
ですが、多くの人々の日常には、そこで語られたことは反映されません。
三宅さんの言葉は人々に高揚感をもたらしますが、それだけとも言えます。
そこに魂(実態)を感じることは出来ません。
※こんなふうに書いている僕も3年前は三宅さんの言葉に心が震えていたのですが・・・

歴史を振り返れば、多くの人々を惹きつける演説は多々あります。
それにより人々は夢を描きましたが、世界は変わらず、争いを続いています。
夢を描き、社会運動をしたとしても、多くの人は自分の人格にメスをいれることはありません。
世界の争いの種はひとり一人の心の中にあります。
それがそのまま残されているため、どんなに熱心に社会運動をしても、
争いがなくなることはないのです。

こんなふうに見ていくと、みんな自我の幻想の中で暮らしていることが分かります。
自分の実態を見ずに、人格をそのままにし、幻想の中で一喜一憂しているのです。

自我は人を惹きつけることを望みます。
そのため実態を無視し、頭で思い描いたことを語り続けるのです。
自我による幻想でいっぱいになっていると自分が実態を無視していることにも気づきません。
そして上手に語れる人が評価を得て、それが利益に繋がり、社会を動かしていくのです。

そんなふうに成り立っている現代社会はまさにバーチャルな世界。
そのバーチャルな世界の奥で、実態(実体)が行き詰まりを迎えているのです。
自然災害やテロリズムはその表れとなっています。

そしてまたあらためて昨日の自分を振り返ります。
すると自我の考え(思惑)により魂(実態)の声を無視する瞬間が何度もありました。
それはまだまだ自我の幻想に囚われている証であり、全体性の欠如です。

自我にメスを入れ、そぎ落とすことによって見えてくる自分自身の実態。
それはどんなに未熟であっても宇宙と一つであり、天と繋がっています。
だから、そこから湧いてくる言葉は常に天からの言葉なのです。

自分の実態の未熟さは天の未熟さであり、それを表現し学ぶことで、天と共に成長していく。

それがこの世界に生を受けている意味であり、だからこそ自分自身の自我にメスをいれ、
自我の幻想から自由になる必要があります。その時、見えてくる自分の実態がどんなに醜いものであったとしても、それは天からのギフトであり、この宇宙の根源に至る鍵なのです。

これは希望の話なのです。

僕の実態はどこまでも成長していきます。
そして、それに応じて現実がどのように変化するかは未知数です。
それは僕の想像をはるかに超えたもの。

ただ間違えないのは、その先にすべての存在が調和した真の平和が訪れるということです。

昨日(7月15日)の朝の蓮の花です。

今朝(7月16日)の蓮の花です。


コメント

人気の投稿(過去1年間)