スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

新鮮な言葉で天の恵みを広げる

一昨日の大人ミーティングにて、ともちゃんがいさどんの商売についての考えを紹介してくれました。それを僕なりに纏めると以下のようになります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

今の社会では、みんな収入を得るために必死に仕事をしています。お店ならば、お客を獲得するために一生懸命、商品開発や営業活動を行っています。お客の増減はお店にとっては死活問題なのです。ですが、木の花ファミリーの活動はそれとは違います。私たちは天の恵みである作物をいただき、それを基盤として生活を営んでいます。収益を得ることが死活問題とはなっていません。ですから、私たちの商売は一般とは違うものなのです。同じ基準で考えてはいけません。天の恵みによって暮らす私たちは心に余裕やゆとりがあります。そして、その余裕を心磨きに向けることが天との約束です。商売もその延長にあります。天の恵みの恩恵を世の中に広げていく。それが私たちにとっての商売で、心を伝えること、幸せを循環させることがその本質にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

人間は他の存在に生かされることによってはじめて存在することが出来ます。生き物が生き物を生かし支えていく。それが大自然の姿であり、人間も自然の一部です。ということは、生きていること、すなわち天の恵みの表現なのです。

ですが、天は人間に自由意思を与えました。自由意思から自我が生まれ、自我は自分で生きているという錯覚を人間にもたらします。加えて、自我は自分を他者と分け、自分のことを特別視することで、優越感や劣等感、不足感や自惚れなど様々な感情をもたらします。それらの感情や錯覚が人を天の恵みから遠ざけていくのです。

これも人間に与えられた自由、その自由から競争が生まれ、競争から資本主義経済が発達し、その延長で人々は努力をし、様々なサービスを生み出しました。それはそれで世界を豊かにしますが、その豊かさは同時に貧富の格差や環境破壊など様々な問題を人間にもたらしました。

だから今、人間社会には別の努力が必要で、それは自分を手放す努力であり、天へと至る努力です。木の花ファミリーの心磨きはそのような努力であり、それは天の恵みを世界へと広げていくものです。それは自分たちで計画出来るものではなく、天の流れを読み、それに沿っていく取り組みなのです。

自分を超えて、この世界に心を開き、その恵みをいただいていく。そして、いただいた恵みをこの世界に循環させていく。そんなふうに生きていきます。

本当は、「闇からの卒業、そして時代人として」で今年のブログは最後にしようと思っていました。ですが、一昨日の大人ミーティングでそれを読んだ時、自分の中にしっくりくるものがありませんでした。それはなぜかと考えた時、引用の多さに原因があると思いました。

僕がブログで発信していることは、常に同じメッセージに基づいています。それを繰り返し繰り返し伝えています。そのメッセージを上手に表現している文章を引用しているのですが、それが多くなりすぎるとこのブログから魂が消えていくのだと思います。

同じメッセージなのになぜ繰り返し発信する必要があるのか?
一度発信したらそれで終わりでいいのではないか?

そんなふうに思う人もいるかもしれませんが、繰り返し発信することには大きな意味があるのです。

人は忘れやすい存在です。自我を持つ人間はすぐに目の前の出来事を自分視点で捉え、行動するようになります。それは僕自身も同様です。だから、忘れないように、何度も何度も大切な想いを自分の中に刻み込む必要があるのです。僕はブログを書くことで何度も何度も自分の中に大切な想いを染み渡らせています。

加えて、この道の深さと高さは無限です。どこまでも深まり、どこまでも高まります。同じことを伝えているようでも以前の僕とは深さが違っているのです。新鮮な言葉には新鮮な力があります。その言葉を世界に発信していくことで、この世界に天の恵みを広げていくのです。それは世界全体から見たら、微々たるものかもしれませんが、ただただ自分一人分の役割をこなしていくだけなのです。

真理はプロセスの中にあります。素晴らしい言葉も、固定したその言葉に真理があるのではなく、その言葉が生み出された背景、そして、その言葉が広がっていくプロセスの中に真理があります。真理は常に新鮮な動きの中にあるのです。だから常に新しい言葉を生み出していく必要があります。語った言葉ではなく語る行為、そして語った人の行動の中に真理は立ち顕れます。

だから今年の最後に新しい言葉だけの記事をあらためて書きました。

木の花ファミリーでは2016年を「発信の年」としていました。その最後を新鮮な言葉で飾り、2017年「爆発の年」を迎えようと思います。今年1年お世話になりありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。


木の花ファミリーのみんな@恵みいただきます


コメント

人気の投稿(過去1年間)