スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

宇宙の法に沿って願いを叶える

昨日の午後は苺の定植に行きました。
僕は木の花ファミリーに移住して8年目となりますが、苺の定植は初体験でした。
とても繊細な作業でしたが、楽しく充実した時間となりました。

苺をメインで担当しているのは和子ちゃんです。
和子ちゃんは昨年の6月、苺についてこんなふうに書いています。

いちご定植中の和子ちゃん(右)と僕


☆彡 ☆彡 ☆彡

毎日、いちごさんのお世話をさせてもらっている和子です。

いちごさんが実をつけるのも、もうあと少し。収穫しながら、打ち上げ花火のクライマックスのように、数々の花を咲かせてもえつきて終わっていく、そんなイメージと重なって、本当にいちごさんありがとう、おつかれさま、と語りかけました。

定植してから8ヶ月間ずっとみてきて、天然循環法である作物の声をききながら育てていくということを心がけて、試行錯誤しながらここまできました。ふりかえった時に、なんだか涙が出てきました。こんなに心をかけていとおしく思う気持ちは、お金をもとめるのではなく、作物から学ぶことを目的としているからです。毎日顔をみにいくのが楽しみです。赤い実がずらっとならんで輝いているのをみると、本当にうれしくなり、甘くていい香りが最高です。

~ 中略 ~

今年は、いちごの植えてあるところに落ち葉をしき、その上にいただいたワカメをしき、さらに青草をしきました。台風のさなかに、もしかしてハウスがたおれて崩壊するかもしれない、私の命も、いちごさんも危ないかもしれない、と思いながらワカメをしきつめていたことを思いだし、なんだかこっけいでした。

~ 中略 ~

化学肥料、化学農薬ばりばりする農家さんにとって、無農薬で化学肥料を使わないでできることは、おどろきのことだと思います。でも、できるんです。こんなにきれいないちごが!農家さんも、とてもびっくりしていました。

難しいことが可能になっていきます。しかも、味が濃くておいしいし、体に良い。一口食べただけで力がわいてくるといわれたこともあります。一度食べた人が、おいしかった、またお願いします、とリピーターになってくれて、配送や、近くのお店においてもらって、出荷しています。

~ 中略 ~

というわけで、もうすぐいちごも終了になりますが、一方で、今年の9月に定植する苗をそろそろ作りはじめます。親株からランナーをのばして、苗をとっていきます。もうクリスマスにむけてのいちごの苗を育てています。こうやって命が循環して、まわっているなぁと感じている今日この頃です。

作物を通して、どうすくすく育っていってもらえるのか、手助けし、何をしてほしいのかよみとって、会話していくことが、本当に大切だとあらためて思います。そして、太陽であり、水であり、空気であり、大地であり、自然が一体となってその中に自分もいる。すべてひとつだと感じます。
いい響きをもって、作物と接し、心を学んでいきます。これからも、エネルギーのある野菜を作っていきますので、宜しくお願いします。ありがとうございました。




☆彡 ☆彡 ☆彡

和子ちゃんと一緒に作業をしながら、僕はこの文章を思い出していました。
そして、苺に対する想いをこうして共有出来ることを嬉しく思いました。

そして今、和子ちゃんの文章をあらためて読んで、いさドンブログ「瞬間瞬間がオリジナル~群れが個人を目覚めさせる~」の以下の文章を思い出しました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

僕は群れの中の一人ひとりに、個性的であることを求めている。しかし与えられることに慣れてしまった人々は、自らそれを目指し、獲得して、輝いていくということを怠る。もっとギラギラしたらいい。そのギラギラとは、宇宙の実相である活性であり、我々が生きる上での生活の表現でもある。そしてそれは、エネルギッシュで魅力的だ。その延長線上に、それぞれの役割や個性的な表現が充実していく。
そこでは、個人プレーは大いに歓迎される。それは全体性のための個人プレーだから。

☆彡 ☆彡 ☆彡

和子ちゃんは苺を通して自らの個性を表現しているのです。

同時に僕はいさどんの以下の言葉も思い出しました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この道を極めることが大切です。
そこに向けて真っ直ぐに行くと人の価値が上がります。
そして価値が上がると自然にみんなから支持されるようになるのです。
その位置で願いが叶っていくことが大切です。
想うと叶うというのはそういうことです。

ところがあなたの場合、叶わない現状にありながら、
願いを叶えたいという願望や欲望になっているものだから、
宇宙の法から外れてしまったのです。
だからそれは「自分のこと」であり、我欲となっていくのです。
宇宙は「もっと叶えたい。あなたの望みは全部叶えたい。」と願っています。
その代わり宇宙の法に沿って願えということです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

作物は宇宙の法に沿って育っていきます。
その作物に心を寄せることは自ずから宇宙の法に沿うことになり、
法に沿って、願い(苺の成長)を叶えていくことになるのです。
それは人間としての価値を上げていくことに繋がります。

孤独感と万能感を超えていく」で僕は、小難しいことを書きましたが、
要は自我の持つ「思い通りにしようとする心」が様々な害をもたらしていると言いたいのです。

思い通りにしようとして強引なことをするのも害となりますが、
思い通りにならないと臆病になり何もしないのも害となります。

思い通りにしようとする心は人の行動に歪みをもたらしているのです。

想いを表現することで活力を得ることが出来ます。
だからまず想いを表現することが大切です。
ですが、その「想い」が宇宙の法から外れると、それは幻想となり、滞りへと繋がります。
だから「想い」を宇宙の法に沿わせる必要があるのです。

作物に想いをよせることにより、僕たちは法に沿った心を育てることが出来るのだと思いました。

人間は自我を持ち、思考する自由を与えられました。
そのため法から外れた「想い」を膨らませることも出来るようになりました。
ですが、人間も法の下に存在しているのです。
法から外れた「自分ごと」の想いは滞りとなって実を結ぶことになります。
そしてそれはその想いを持っている間、繰り返されます。

宇宙の法はこの世界に流れを生み出しています。
その流れに沿って生きる時、「自分ごと」だった想いや願いは自然と変化していきます。
変化の中で願いはみんなのものとなり叶っていくのです。

想うと叶う。

いさどんの言葉はそういうことを言っているのだと思いました。

想うと叶う。

それがこの世界に実相。だからそこには希望しかないのです(^-^)







コメント

人気の投稿(過去1年間)