ラベル 木の花の暮らし の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

蜜蜂のように生きる

カフェ&ショップ・ロータスランドははちみつを看板商品としていて、様々な種類のはちみつやはちみつ関連商品を販売しています。販売スタッフは、お客様が求めるはちみつの知識を提供する必要があり、その再確認の場として、先日、いさどんによる養蜂プレゼンが行われました。僕はロータスランドのスタッフではありませんが、木の花を訪問するお客様の見学ツアーの担当をしています。養蜂の知識は知っておく必要があるため、その場に参加しました。いさどんからは様々な話がされたのですが、ここでは最後に語られた言葉を引用したいと思います。

☆彡 ☆彡 ☆彡

蜜蜂に接するには蜜蜂のことを理解しなければならないのです。人間が、きっとこうだろうと自分の欲を掛けて接したら絶対に蜜蜂を駄目にします。蜜蜂の都合で、それにそっていかなければ長続きはしません。蜜蜂は人の心が本当に表れる生き物です。最近よく、蜂を飼っている人がうちに来て、なんでここの蜂はこんなに大人しいの?と聞きますが、それは飼う人の性質が表れているのです。雑に扱えば蜂だって荒くなります。

蜜蜂は一つの群であって、一匹一匹は細胞と言えます。細胞は各部署をしっかりと分担して役割を果たしています。その役割は個々の役割ではあるけれども、そこには自我はなく、全体のための役割をしています。それは我々の身体と一緒です。細胞がいろいろな役割をしてくれているため身体全体の健康が保たれています。それは木の花ファミリーが心掛けている姿勢です。蜜蜂の存在自体が木の花の在り方と一緒なのです。これは地球の生態系とも一緒だし天体の星の関係とも同じです。蜜蜂ほど、我々が生きることの見本となり、それを分かりやすく表現しているものはいません。それが、我々が養蜂家であることの一番の意味だと思っています。

天から降ってくる甘い露のことを「甘露(かんろ)」と言います。地上が天国となり人間が受け皿となったら甘露が降りてくると言われていますが、はちみつはまさしく寒露と言えます。人間が単独でどんなに努力をしても花から蜜を取り出してこの豊かなモノを手にすることは出来ません。ですが、自然を理解し蜜蜂と共同作業をするとあの甘露を恵みとして貰えるのです。それは普通の畑で種を蒔いて、育てるのとはまた違う共同作業が必要です。だから本当に蜂の側に立った、畑でも一緒ですが、作物の側に立った配慮の仕方によってはじめて実現することです。

実践の話をすると、病気の話や管理の話になっていきますが、例えば蜜蜂は言葉を持っています。蜂の字ダンスがそれです。分業が細かく行われ、働き蜂は成長に伴い役割が変わっていきます。女王蜂は女王と呼ばれていますが、違う見方をすれば、働き蜂の奴隷とも言えます。働き蜂は寿命が短く新陳代謝で変わっていきますが、この蜂たちが天候を読んで、日照りが来るぞとか蜜源がないぞと判断した時には女王蜂に産卵を止めさせます。今年はいいぞとなったら、早めに産卵を促します。これは全部、女王蜂の意志ではなくて、一番寿命の短い働き蜂の意志によって行われています。特別ではないたくさんいるものたち、我々で言えば細胞ですよね。細胞11個が意志を持っていて全体を運営していると考えられます。

我々の身体も細胞一つ一つを目覚めさせるような精神性を貫き通したら、身体全体がセンサーとなります。天候を読んで危険を感じる。身体が何をどうすればいいかを教えてくれるのです。犬は人間をはるかにしのぐ嗅覚を持っていて、タカなど猛禽類の視力は人間をはるかに超えますが、人間は、すべての生き物が持っているすべての能力を有すると言われています。なぜ今の人間がそれを有していないかと言ったら、それだけ何かがボケているからです。人によっては手に目があったり、肌で何かを感じたり、神技をしますよね。人間の中にはすべての能力の最高傑作があります。だけれども、それを人間が発揮できないのは、内にあるもの、天体の会話を受けるアンテナが麻痺して機能していないからです。だから磨けば磨くほど、そういうものが出て来ます。

昔は危険の中で生きていたから、能力を発揮して生きていました。だんだん楽をして便利になって、緊張せずに生きていけるようになったためにそれらはなくなりました。今の便利な世の中で、高度な人間の能力を発揮したら、とても豊かな世界が出来る可能性があります。

時代はそのような時代を迎えています。ですが今、世界を見ると、同じ地球、同じ太陽、同じ水の下、一つの宇宙船に乗って皆で旅しているのに、核爆弾がどうのこうのと言っています。あのようなものが世界のリーダーになっているのですから、人類は未だに未熟なのです。だから本当に自我が取れて見本となるものたちがそろそろ出て来なければなりません。蜜蜂はその見本となっており、我々は蜜蜂のように生きるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

人は、自然を理解し蜜蜂に寄り添うことで甘露であるはちみつをいただくことが出来ます。同じように、人生の様々な場面で、宇宙の法則を理解し、出来事に寄り添うことで天から甘露が降りてくるのだと思います。その受け皿となるためには、自分の都合、自我の心を手放していく必要があります。

心磨き、自分を知り、自分を手放せば手放すほど、奥に眠っている能力が目覚めていきます。そこに天から甘露が降りてくるのです。

蜜蜂は、個体の維持ではなく群れの維持のために動きます。それは個体と群れが一体であり、個体は常に自分を超える大いなるシステムの中に自分を位置付けています。それが個体に安定感を与え、全体で美しいハーモニーを奏でています。

同じように人間も自我を超えたら、自分がこの世界、宇宙と一体であることが見えてきます。生きることは、自分を超えた大いなるシステムの中で役割を果たすことであり、過去から未来へと繋がる時代の流れの中で、自分一人分の物語を紡いでいるのです。この位置に立った時、人間の能力は最大限に発揮され、出会う出来事はすべて天からの恵み、甘露となります。

ここでまたいさどんの言葉を引用したいと思います。

☆彡 ☆彡 ☆彡

人間性と目線によって同じ現象がどんなふうにでも受け取れる。苦痛は天の恵みだよ。我々が健全に生きていくための手助けだから。だけれども、どんなに恵まれていてもそれを不満に感じ、恵みどころか不愉快なものにしていく人もいる。だから、見る人の目線、意識の位置、姿勢が変わるとどんなものにもなる。

☆彡 ☆彡 ☆彡

物質的にはとても恵まれている現代社会ですが、人々の心の中は不満でいっぱいとなっています。社会の分断が進み、立場の違いで人々は対立し、戦争やテロ、暴動や不祥事などのニュースが日々飛び交っています。これは恵みに不満を感じている状態と言えますが、多くの人々は自我に囚われ、目線が狭くなっているのです。そのため、一つ一つの細胞である一人ひとりの人間が真の役割を果たせなくなっています。

一人ひとりの人間が真に目覚めた時、苦痛すら天からの恵みとなり、全体の中で生かされていきます。今、社会を覆っている大きな苦しみや混乱さえも、人々が目覚めたら生かされ未来へと繋がっていきます。出会う出来事すべてを自分自身の顕れとして受け取り学ぶ姿勢が、この世界を弥勒の世、桃源郷にしていきます。そして、そこに甘露が降りてくるのです。

これは蜜蜂が教えてくれるメッセージ。僕らは常にそれを意識し生きています。

蜜蜂のお世話をするいさどんです。




10次産業を実現している場所

木の花ファミリーの経済について説明している時、いさどんはこんなふうに語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

うちの経済は本当に面白いよ。NPO法人や農事組合法人、合同会社などがあって当然それぞれが独立した帳簿を持っているんだけれども、その奥には生活共同体木の花ファミリーがあって、生活共同体がすべての組織の運営をしているんだよ。だからどこにお金があってもみんなにとっては同じ。みんなのために使われている。それで6次産業化も完全に実現している。いや、6次どころではないな、1次+2次+3次で6次産業、うちはそれに4次も加わるから10次産業だよ。「4」は「死」。生きるものが行きつくところ。つまり究極。そして、「10」はカタカムナで言えば、統合。1+2+3+4=10、ヒフミヨイムナヤコト、「ヒト」を生み出す暮らしを木の花はしているんだよ。

☆彡 ☆彡 ☆彡

聴いていて面白いなと思いました。そしてネットで10次産業という言葉を調べたら、いくつかの記事にヒットしました。10次産業、使われ始めている言葉なのですね。

その一つがYahooニュース「農業・漁業の再生は第10次産業化の発想で!〜知的コーディネート力がカギ」ですが、そこにはこんなふうに記載されています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


4次産業が1次、2次、3次産業を新発想でコーディネートすることが重要だ。足し算すると第10次産業。まさに大学などの研究機関が起点となって、産学連携をダイナミックに進めるということだ。これは本気で行うなら価値がある。どれだけ本気になってできるか、にかかっている。大学や研究所、学会が起点となって、様々な分野の連携を促しながら、新たな展開をすることができるなら、まだまだ、日本の社会が伸びていく余地はある。

日本の社会は蛸壺化してしまった。横断的な繋がりや発想が出にくい社会になったのだ。

 ~ 中略 ~



第10次産業化が閉塞した日本の起爆剤になる。第10次産業によって何ができるか、何が生まれるか。日本の新たな挑戦だ。

☆彡 ☆彡 ☆彡

4次産業とは情報産業や医療産業、教育サービス産業など知的集約産業に対して使われるようになってきている言葉ですが、上記の記事では4次産業が持つコーディネート力に注目して、そこに6次産業成功の鍵があると述べられています。

現在、多くの6次産業の取り組みが失敗に終わっているようです。そんな中、木の花ファミリーでは特別な努力なしに6次産業が実現しています。それは木の花ファミリーの産業は、生きることそのものであり、そこにはすべての取り組みが含まれているからでしょう。そのため、それは経済的成功だけではなく、生活の充実、人格の向上、人生の意味の探求など様々なものをもたらすのです。そして最終的には僕らは「ヒト」となります。「ヒト」とは何か?いさどんはこんなふうに語ります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

ヒトというのは、人間という地球上で物理的に進化してきたもののことではないんだよ。それは、物理的に進化してきたものが最終的に到達する目的地点であり、宇宙にはもともとヒトという意識レベルの存在があったはずだ。なぜなら、ヒトとは宇宙の仕組みをマスターした存在を言うのだから。
ついつい人間たちは、ヒトのことを人間と勘違いする。人間とヒトでは、定義が違う。ヒトは形ではない。宇宙の法を理解し、マスターした存在をヒトと言うのであり、それは目覚めということでもある。

 ~ 中略 ~

人間は何か滞りに出会うと、それを不愉快なものだと捉え、滞りを避けようとする。しかし滞りを乗り越えた時、そこでは必ず一回り進化した新たな世界に出会う。つまり滞りとはとても大切なものであり、我々にはその滞りの正体を見極めるだけの余裕が必要なんだよ。

 ~ 中略 ~

この世界は人間の理屈を超えたところで成り立っている。だから科学や理屈で考えて納得できるところを超えた時に、奇跡が起きるんだよ。

宇宙は奇跡の連続だ。なぜなら、もともと人間の思考のキャパを超えたところで成り立っているのだから。だから宇宙を生きるという意識レベルを考えるのならば、科学や理屈を超えたところでものごとを受け取る器を持つことが必要だ。そうでなければ、真実は観えてこない。それには、人間壊しをすることだ。人間を壊して、ヒトとして存在する。それがヒトイズムだ。


☆彡 ☆彡 ☆彡

人間として生きていると様々な滞りに出会います。その時、人間としての自分の思考を超えて、余裕を持ってそれを受け取り、そこから学んでいく。そうすることで新たな自分と出会います。それは絶えず続く人間壊しであり、それが「ヒト」への道です。そして、そこを歩むことが生きる本来の目的です。

今、社会は細分化され、産業も1次、2次、3次、4次と分かれています。そして人々の関心は経済的なものに特化し、マスコミは消費を煽り、政府は経済成長を求め続けています。そのような中、社会的分断や対立、環境破壊が進んでいます。これは人類が出会っている大きな滞りです。

大切なのはこの滞りを余裕を持って受け止め、大きな視点から見つめることです。

先に紹介した記事にもある通り、今の社会は蛸壺化することで人々から繋がりを奪っています。そして産業は生活から切り離され、細分化されています。その状況から非効率や無駄、孤立が生まれ、それが滞りを生み出し続けているのです。そこには滞りから学ぶ人間壊しはありません。

木の花ファミリーにとって産業とは生きることそのものであり、そこにはこの世界のすべてが含まれます。宇宙に想いを馳せ、季節の移り変わりと共に作物を育て、恵みをいただき、みんなで喜びを分かち合います。それがそのまま経済活動ともなっています。すると失敗事例が多い6次産業化の取り組みが努力なしに実現していきます。

それはなぜか?

きっとすべてが繋がり無駄なく生かされているからです。もちろん、その暮らしの中にも滞りはありますが、僕らはそれを人間(=自分)壊しの機会とし、「ヒト」への歩みを進めるように努めています。

今、人間社会に求められていることは様々な繋がりを取り戻すことであり、その過程で人間(=自分)を壊し、「ヒト」への道を歩むことです。その時、社会の産業は至るところで繋がりたくさんの10次産業が現れることでしょう。

そんな未来の先駆けとして暮らしていこうと思っています(^-^)

ジャガイモ一斉収穫の時の写真です。

時代人となる

7月26日はマヤの新年です。3年前の7月26日、メキシコの太陽マヤ族最高司祭である尊母ナー・キン氏が木の花ファミリーを訪れ、宮ノ下広場でマヤ新年”10OC”を祝う祭典を行いました。それ以来、木の花ファミリーではこの日にみんなで集まり調和の祭典を行っています。今年は朝6時に宮ノ下広場に集まり大切な時間を共有しました。祭典の最後、霧雨の中、いさどんはこんなことを語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

今、ミストシャワーのような雨が降っていますが、雨は命に潤いを与えてくれます。祭典だから晴れて欲しい。それは人間の都合で、実際にすべての日が晴れ渡ったら私たちは困ってしまいます。命の潤い、それをいただきますという気持ちで浴びれば尊いものともなります。自分の都合を手放しいただくことの大切さをこの雨は教えてくれています。
毎日生きている限り出会う出来事はすべて生きた証として相応しく出会っています。どの現象もそこに生きる人達の生き様の結果与えられています。滞りに出会ったならば、自らの生き様を変えていけば、その滞りは自然に消えていくのです。それなのに生き様を変えないで現象だけを変えようとするのが欲の心です。現象は因果律によって約束されています。そのものに相応しい現象が現れます。出来事を不愉快だからと言って解決する時代はもう終わりです。どういう時代にするかは、そのものがどんな人生にするか、何を望むかによって変わってくる。つまり、生きることが自分の手の中にあるのです。今までなぜ人々の手の中に生きることがなかったのかと言ったら、一人よがりでこの世界の仕組みを無視して欲のままに生きていたからです。その結果、自らの欲に翻弄され人生を失っていくのです。

※いさどんの言葉全文はいさどんブログ「3000年に向けて新たな時代を生きる人々へ」をお読みください。

☆彡 ☆彡 ☆彡

生きることが自分の手の中にある。この言葉を聴きながら、僕は先日、養蜂場でいさどんに聴いたこんな話を思い出しました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

一つの群れに一匹だけ存在し数年間生きる女王蜂ですが、その役割は産卵をするだけです。巣の清掃、幼虫のお世話、蜜集めなどは働き蜂が引き受け、約1ヶ月(冬場は半年)という短い寿命で新陳代謝していきますが、コミュニティの在り方を決めているのは寿命の短い働き蜂なのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

短いサイクルで入れ替わる働き蜂は一人ひとりの人間、そして女王蜂は時代を表しているように思えました。いさどんブログ「私たちは時代人(じだいびと)です」に書かれているように、時代は生命であり、時代が意志を持って、時代を紡いでいます。ですが、一人ひとりの人間の生の在り方が時代を創っているのも事実です。それは人間が現象化を担うからであり、その姿は、様々な役割を担う働き蜂がコニュニティの在り方を決めているのと同様に思えました。僕たちは一人分時代を担っているのです。

時を司るマヤの新年。それは時代の流れの節目です。

このタイミングで、自らの欲を離れ、あらためて現象の奥を見つめ時代の流れを意識しましょう。その時、見えてくるのは、以下のような時代からのメッセージです。

☆彡 ☆彡 ☆彡


時代は生きています。時代は意志を持っています。わたしたち人類はその時代の変化を感知し、時代に寄り添っていく立場にあるのであって、時代を創ろうとする必要はないのです。

そのように考えていくならば、この世界は一体です。すべてのものが時代と共に一体となって動いています。それが宇宙の実相です。そのような意識レベルを有した者が地球上に現れたならば、その響きがこの世界に放たれ、それに共鳴した者たちの行動が少しずつこの世界を変えていきます。そしてさらにそれに共鳴した者が行動することによって、その響きがこの世界に放たれていく――、その連鎖が時代を動かしていきます。その響きがこの世界の混乱を鎮め、人類の営みによって傷つけられてきた地球を包み込み、地球を本来の美しい星へといざなっていくのです。

 〜 中略 ~

今こそ、わたしたちは自らを自我の枠から解き放ち、この無限なる宇宙の中で自由自在に生きる時が来たのです。わたしたちの中から願望や野心が消えた時、宇宙の真理が湧いてくるようになります。そして、人類が誕生した目的にのっとった最もふさわしいポジションにわたしたちは立てるのです。そういった真理に目覚め悟った者は、時代を読み、流れを感じ、今を生きる「時代人」となるのです。


それが、21世紀初頭にあたり、時代がわたしたち人類に伝えているメッセージです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

マヤの新年。時代人となることを宣言します(^-^)

2017年7月26日マヤの祭典@宮ノ下にて

奥に流れているものに目を向ける

カフェ&ショップ・ロータスランドでは今、土用の丑の日フェア!を開催しています。その初日の朝、準備に慌ただしくしているみんなを眺めながらいさどんはこんなふうに語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

こうやって賑やかにしていると、人の目は表面に顕れる出来事にいきます。ですが、その奥に流れているものがあってそれは常に新しい流れを生み出し続けています。そこに目を向けていないと新しい動きには間に合わなくなっていくものです。

ロータスランドが始まり、私たちの暮らしは特に忙しくなりました。忙しい毎日を送っていると、給料を貰い生活をしている人々ならば、ストレスが溜まってきます。そのためストレスを解消するためにお金や余暇が必要となります。ですが、ここの人達は忙しい毎日を送っても疲れて眠くなるだけです。それはこの暮らしの安心感がもたらすものですが、その余裕、ゆとりのようなものを心磨きに向けていく必要があるのです。

忙しく賑やかな毎日を生み出している奥のもの、そこを緻密に見ることによって、プロセスから学び、それは自分の成長として積み上がっていきます。その成長が天の生み出す新しい流れと呼応していくのです。表面的な賑やかさにかまけて、安心感の中、ぼうっとしていると次の流れには間に合わなくなるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この話を聴きながら、僕は自分のことを振り返りました。

人と人、人と自然とが調和した木の花ファミリーの暮らしは、少ないお金、そして低い環境負荷で豊かな暮らしを実現しています。それは環境破壊やそれに伴う異常気象、経済格差や貧困、戦争や紛争、人々の分断や孤立など様々な問題が溢れている現代社会に対して一つの答えを提示しています。一般社会で暮らす中で様々な矛盾を感じて苦しんだ僕は木の花ファミリーで暮らすことを選びました。それは一つのゴールであり、僕は形の上では正解を選んだのですが、数年後には意欲をなくしている自分がいました。僕が選んだ答えは到達点であり、その暮らしをそのまま続けていればよく、当時の僕はそれ以上何かを変化させる必要を感じていませんでした。形ばかりに目を向けていた僕は、その奥から生まれる新しい流れに間に合わなくなり、次第に停滞し意欲をなくしていったのです。

木の花ファミリーの暮らしは自然界をモデルとしています。すべてのものが生かし合い支え合っている自然の姿を人間社会に顕すことを一つの目標としています。ということは自然の動きと連動している必要があるのです。

春夏秋冬。ただ繰り返しにも見える自然の動きですが、よく見ると、毎年新たな動きがあり、自然は常に新しいところへと向かっています。変化変容が自然の本質です。

それは木の花ファミリーの暮らしも同様です。自然界をモデルとし、天の流れが生み出したこの暮らしは変化変容し続けます。表面的には同じことの繰り返しに見えたとしても、その奥には常に新しい流れが生まれ続けているのです。そこに目を向け、自身も共に変化していかないと流れに置いていかれます。するとそこで起きていることが分からなくなり、意欲を失っていくのです。

このような状態になると、「変わろう」と思ってもなかなか変わることが出来ません。おそらくそれは自分の在り方が流れから外れてしまっているからです。流れに沿っていれば、変化は自ずから生じます。なぜなら、変化変容がこの世界の法則であり、自分もその一部だからです。2014年の終わり、僕は変化について以下のように書いています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

このBLOGを立ち上げた時、僕は別に「変わろう」とは思っていませんでした。ただ広い視点を持つことを心掛けて毎日を過ごしていました。その結果、僕はとても幸せになりみんなに変わったと言われます。一方、僕が意識的に変わろうと努力した時、僕は変われなかったし、あまり幸せにもなれませんでした。

その違いは何か?

僕が意識的に変わろうとした時、僕は自分の変わる姿をイメージしていました。評価される自分、出来る自分をイメージしていました。要は自分がかわいかったのです。そして、自分に囚われていました。その囚われが僕の変化を邪魔していたのでしょう。




☆彡 ☆彡 ☆彡

変わろうと思っても、それが自我(エゴ)の思惑ならば、変化が生まれることはなかなかありません。大切なのは、変化変容を本質としている自然の流れに沿うことです。そのためには常に出来事の奥に目を向ける必要があります。今の形、自我が生み出す世界に安住していると人は流れから外れ停滞していきます。そして変化は遠ざかっていきます。ですが、その奥に流れるものに目を向け心を開く時、変化は自ずと生まれます。

天の流れが生み出す変化。それは自分の想像を超えた大いなるもので、何気ない日常も深い体験となりただ出会う出来事を楽しむことが出来るのです。

ただ出会う出来事を楽しんでいく

そのために奥に流れるものに目を向け続けていこうと思いました(^-^)



自分を守る心を手放す

2年前の今頃、衆院で安全保障関連法案が可決され話題になる中、いさどんは「自分が総理だったら・・・」という仮定でこんなふうに語っていました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

私たちは非常に豊かな国であり、
技術大国であり、
世界の先頭を行く国のひとつですが、
そこであえて皆さんに提案したいと思います。

私たちは無駄で不必要な軍備を全て放棄します。

そのことによって、
私たちは日本の財政再建や
世界各国の貧困をなくすことにつなげたいと考えています。

そして、
新たな豊かさを構築していくのです。

そこで、
隣国からの侵略に対する脅威については、
たとえば隣の国が攻めてきたとしますよね。

そうしたら、
その国が日本を支配すればいいのです。

つまり、
私たちの国はそれを受け入れる国であり、
隣の国は支配した国になるのです。

支配した国というのは、
いつも攻撃的で貧しいこころを持っています。

そして、それを受け入れる国は、
常に調和的なこころを持っているのです。

そうすると、
たとえばキムジョンウンさんがこの国のリーダーになったとしても、
「キムジョンウンさん、
調和的な国を一緒につくりましょう!」と
共に国づくりをしていけばいいのです。

侵略する国というのは、
持続不可能なのです。

調和する国というのは、
持続可能です。

そうすると、
侵略してきた人たちの中に
調和のヒビキが浸透していくのです。

もし、
武器を持たない中立的な国があるとしたら、
その国の存在は稀に見るものです。

そうすると、
隣国がその国を侵略しようとしたときに、
まわりにいる国が
「あの国にこの国を侵略させてはいけない!」と
この国を守るようになるのです。

それだけの優れた国であるならば、
ちゃんと守られるのです。

ですから、
自分を守ろうとすることを
放棄すればいいのです。

世界の国家と共に、
そういった宣言をできたらと願っています。

特にアメリカは世界のトップなのですから、
まずアメリカがその見本を示したら、
他の国々が追随すると思うのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

こういう話を聴くと、「そんな都合のよいように行くわけがない。」と反応する人もいるかと思います。ですが、その反応自体が自分を守る心です。自分を守ろうとする心を持ちながら、形だけ宣言をしても、そこには思惑が働き、その思惑に相応しい出来事が起きるものです。加えて、これは今まで実際にやったことがない話です。結果を所有しない覚悟を持って行動に移した時、どんな展開になるかは誰にも分からないことです。ですが、多くの人は今の自分の視点から未来を予測し、やらないことを選ぶのです。それもまた自分を守る心の反映といえます。

この話のポイントは、自分を守る心を手放せるかどうかにあるのだと思います。例えば、本当に日本が軍備を放棄した時、この通りに物事が進むかどうかは分かりません。ですが、それは新しい未来への一歩となり、覚悟があれば、人々はただ出会う出来事をいただき楽しむことが出来るでしょう。

自分を守る心を手放せれば・・・の話ですが。

この世界は響きが創っている。

それは確かな法則ですが、響きは自分の都合で生み出せるものではありません。日々の心掛け、実践がそのまま響きとなって顕れます。自分を守る心を手放す。人々がそれを完全に成し遂げた時、その場にどんな響きが生まれるか?それは前人未踏の世界なのではないでしょうか?血縁を超えてすべてのものを共有しようとする木の花ファミリーの暮らしはそんな響きを生み出す試みです。

楽しみに見ていて下さいね(^-^)

こちらは先日開催された大人サミットの写真です。





ただひたすら傍(はた)楽(ら)いていく

木の花ファミリーブログ「世界のお金がみんなのお金になるように」を読んだ友人からこんなメールを貰いました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

記事読みました。

中野くんが木の花ファミリーに移住する前確かみんなで会ったよね。
その時を懐かしく思いました。

今はどの写真をみても、(中学校で)相談員をしていた頃よりずっと満ち足りた穏やかな表情をしているなと思います。中野くんの生きる場所を見つけたんだなと感じます。

私は今、軽度知的障害の生徒が社会的自立と就労を目指す高等部単独の特別支援学校で、3学年主任をしています。私たちがそれぞれの場所で充実した生活を送れることの幸せを感じます。お互い、一歩ずつ地面に足をつけて成長していきたいね(^-^)

☆彡 ☆彡 ☆彡

今の社会は一人ひとりの欲望を最大限に尊重することで発展してきました。テレビCMは人々の欲望を刺激し、ニュースや新聞は、経済発展を神のように祭り上げ人々の消費を促します。個の尊重、プライバシーという名の下、人々の自我(エゴ)は膨らみ続けて来ました。

そのような社会の中で、自我を手放し血縁を超えて生きる木の花ファミリーの暮らしは人々の理解を超えることもあるのでしょう。「不自由の自由、それが本当の自由」に書いているように、僕らは今まで多くの無理解に出会って来ました。ですが、僕らが生き生きと生きる姿は言葉を超えた説得力があります。そのためか、僕らは無理解と共に支援者とも出会って来ました。だから、この道を生き抜き幸せになっていくだけ。友人からのメールを読んであらためてそう思いました。

個人の幸せを追求する視点から僕らの生活を見てみます。

すると、給料がなく休みもなく、毎日朝早くから夜遅くまで働き続け好き勝手出来ない姿が浮かびあがります。そんな僕らの働きについて、いさどんは冗談で「ブラック企業を超えたブラックホール企業だ」と言ったりしています。それでも僕は友人から「満ち足りた穏やかな表情をしている」というフィードバックを貰っています。不思議ですよね?

それは僕らの「働く」が労働ではなく「傍楽(はたらく)」だからなのだと思います。経済は働くことによって生まれますが、僕らは働くことを通して傍(はた)を楽(らく)にし、自分を超えた大きなネットワークの中で役割を果たします。すると時代や宇宙といった大いなる存在の中に自分が位置づけられ、その中で自分の個性を最大限に発揮出来るのです。宇宙や時代の流れを感じて、その流れを共に推進する喜び。それが穏やかで満ち足りた表情となって表れているのでしょう。

個人の幸せ、自分だけの幸せを追求したとします。その時、多くの人にとって働くことは労働であり、賃金を得るための手段となります。するとどうしても労働に見合った賃金を求めるようになり、そこに固執することになります。思い通りにはならず不満を抱えたり、思い通りになったとしてもそれに執着し、それを失うことを恐れたりします。心が波立ち、自分の状況に左右され一喜一憂することになるのです。そうしていると時代や宇宙の流れから切り離され安定を失うことになります。結果、なかなか幸せになることが出来ないのではないかと思います。

自分のあぁしたい、こうしたいという気持ちを手放し、ただ出会う出来事をいただき楽しんでいく。ただひたすら傍(はた)楽(ら)いていく。そんな暮らしを楽しみどんどん幸せになっていこうと思っています(^-^)

※農事組合法人木の花ファミリーは組合員全員が個人事業主(経営者)のため、労働基準法や最低賃金の縛りを受けません。詳しくは、「農事組合法人木の花ファミリーと6次産業化」をお読みください。

※木の花ファミリーブログ「世界のお金がみんなのお金になるように」に対する感想は、木の花ファミリーこの話!にも掲載されています。こちらも合わせてお読みください。






毎日が瞑想である暮らし

昨晩、大人サミット開催中の大人ミーティングで、僕は「不自由の自由、それが本当の自由」をシェアしました。それを聴いたプラサンコム氏(タイの仏僧)は、仏の道について「飛行機の離陸のようなもの」と言い、以下のような話をしました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

飛行機はとても重量があります。それが飛び立つためには長い助走、そしてエネルギーが必要となります。ですが、一度飛び立つと、それはスムーズにどんどん上昇していきます。私は、ガールフレンドや社会的地位、家や財産を手放し仏の道に進みましたが、初めの7年間は、ヴィパッサナー瞑想、特にウォーキングメディテーション(歩く瞑想)に集中して取り組みました。仏の道は自分の大切なものを手放し、より大きなもののために自分を捧げる道です。最初は辛い想いもしました。ですが今はとても軽やかになっています。それは一度離陸した飛行機が軽やかに飛び続けるようなものです。あなたもヴィパッサナー瞑想を取り入れるといいと思います。

☆彡 ☆彡 ☆彡

飛行機の例はとても分かりやすいと思いました。そして、瞑想。ヴィパッサナーは、「物事をあるがままに見る」という意味で、ヴィパッサナー瞑想はそのための実践法です。そこで実践ということで言えば、木の花ファミリーの暮らしは生活がそのままヴィパッサナー、物事をあるがままに見るための実践となっています。

例えば、きょうこちゃんが癌の治療で入院していた時、いさどんやそこにいた人達はこんな会話を交わしています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

最後にこうちゃんは「なかなか病院で笑っている人たちはいないよ(笑)」と言い、きょうこちゃんは「ほんと、ほんと!死ぬかもわからないけれど、面白い人生をもらっているなと思ってね。だって、この間せっかく血が入ったのに、もう全部出ちゃったもの!」と言うと、みかちゃんが「木花咲耶姫様のモットーは潔く生きて潔く散るということだからね」と言い、いさどんは「その散り際の美しさが木花咲耶姫の個性だ」と言い、皆で病室の窓から雪の王冠をかぶった美しい富士山を見た。きょうこちゃんは「一言では言えないけれど、良い時間だった!どこまで覚悟ができているかはわからないけれど、もう何度もそういう場面が来ているから、ある意味覚悟はできているなと思う。そこまで腹をくくっちゃうと、面白いな。ありがたいとかいただくことの深みを日々学ばせてもらっているな」と言い、いさどんは「ありがたいも深みがあるんだよ。『いただきます』だから、いただき(頂き)・・・頂上まである」と言うと、みかちゃんは「頂き増す!どこまで行っても頂きが増していくんだよ」と言い、こうちゃんは「登山に終わりはないってことだ」と言い、皆で拍手して病院を後にした


☆彡 ☆彡 ☆彡

もっと生きたい。生きていてほしい。そういう自分たちの思惑を手放して、ただただ目の前の状況を真摯にいただいていく。僕たちは物事をあるがままに見るだけでなく、あるがままを受け入れていくのです。その結果、今の元気なきょうこちゃんがいます。

多くの人は、人生において自分の希望、想いを実現させようとします。そうすると自らの思惑が働き物事をあるがままに見ることが難しくなります。そこで自らの思惑から離れる瞑想がとても重要な実践となっていくのでしょう。

僕らは自らの思惑ではなく、天の流れに沿って生きることを決めています。そして、そのためにお互いに見える景色を伝えあっています。日常生活があるがままに見る実践であり、あるがままを受け入れていくのです。

だから僕らの日常生活は瞑想であり、毎日が瞑想なのです。

ただただ目の前の出来事をいただいていく。

その姿勢が生み出す出来事は想像を超えるもので、毎日、わくわくして暮らすことが出来るのです(^-^)

大人サミット1日目の写真(一番右がプラサンコン氏です)。



いつでもどこでも同じ心で

昨日、招待していただいた山元学校の第190回記念レセプション&山元雅信誕生会に参加して来ました。シリアの大使や衆議院議員の原田義昭氏をはじめとして角界で活躍する方とお会いできる貴重な機会となりました。日本シリア議員連盟の成立が1週間前に可決されたというビックニュースに始まり、歌や三味線、書の披露などが彩りを与えとても素晴らしい場となっていきました。

左から(山元さん、シリア大使、原田議員)


この会に参加するにあたって、僕は山元さんから以下のような言葉を貰っていました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

二次会で自己紹介タイムがあるので、木の花ファミリーの話をして下さいね。木の花ファミリーは今の世の中で大家族の素晴らしい集団生活で学ぶべきところが沢山あります。

中野さんの役割は、木の花ファミリーが存在している事実を皆さんに知らしめることだと思います。まだ知らない人達がいるので、勿体ないです。

木の花ファミリーのチラシを100枚用意して下さいね。主だった人達と名刺交換して下さい。100枚は必要です。

☆彡 ☆彡 ☆彡

それで僕は、木の花ファミリーのことを知らせる思惑を持って参加したのですが、初対面の人ばかりが集まる場で、会自体は別の話題で進行しています。そんなに簡単には木の花の宣伝は出来ません。まぁ、それはそんなものだろうと思っていました。そして、それでいいのです。

この会は山元学校の発展、そして山元さんの誕生日を祝うために様々な人が集まっているのですが、それを実現しているのは山元さんの人柄、そのホスピタリティにあります。多くの人が集まる中、山元さんは全員のことを立てて、みんなに紹介しようと奮闘されていました。その姿は素晴らしいものでした。

人柄が場を生み出し創っていくのです。

それならば僕自身が表現すべきものは、木の花の情報よりむしろ、その生活の中で育んできた自分の人間性です。ならば思惑は手放して、その場を楽しみ、その場を創っていくことが大切なのです。そんなふうに思い、場を楽しみながら、少しずつ参加者と交流し木の花の話をしていきました。それはとても良い時間となりました。

そして、2次会。自己紹介の時間は1分~2分。
その中でどう木の花のことを印象づけるか?
それは僕にとっての真剣勝負です。

まず資料はそれぞれの席に配らせて貰いました。
そして、考えて以下のように話しました。

僕の年間生活費は、なんと! 25万円。
なんでそんな生活が出来ると思いますか?

みんなで一緒に生活して自給自足をしているからです。

そんな僕の言葉に山元さんが絡んでくれ、引き立ててくれました。
ありがたいことです。

とりあえず会場の注目を集めることは出来ました。
そして、そんな僕の話を聴いて、以下のように言ってくれた人がいます。

☆彡 ☆彡 ☆彡

あなたのスピーチは素晴らしかった。
お金とかそういうものではない満ち足りた幸せが伝わってきた。

☆彡 ☆彡 ☆彡

こういう言葉は嬉しいものです。

木の花にいても、他の場所に行っても、その場で調和的な空気を生み出し場創りをしていく。その姿勢が何より大切なのだと思います。木の花のことを伝えたいという思惑を手放しながらも、大事は大事、それを忘れずにチャンスの時にはすべてを掛ける。その姿勢がまた場創りになっていきます。

調和した空気が広がっていくように。

ホスピタリティのある山元さんが人々を繋げていくように、僕自身も日々、自分の人間性を高めていきます(^-^)






自我をなくすと優れた自分に出会える

先日、久しぶりにいさどんとじっくり話しをする機会がありました。いろいろなことを話したのですが、その中で印象に残っているのが「今の人は頭を使わない」といういさどんの言葉です。「頭を使わない」とはどういうことか?いさどんは以下のように言います。

☆彡 ☆彡 ☆彡

現代人はすごい頭を使っているようで、頭を使っていない。損得勘定などそういう思考はいっぱい使っているけれども、自分をチェックする機能が全くない。学校教育で知識を得て、毎日マスコミからたくさんの情報を得ているけれども、それが本当に必要なものなのか?自分の役に立っているのか?そういう検証はなされていない。その状態で魅力的なものはいっぱい情報として与えられ、欲望だけが膨らんでいく。だけれども、その欲が自分に何をもたらして結果的にどのようになっていくのか?そういうことを全く考えず条件反射で情報に翻弄されている状態。時代が変わろうが立場が変わろうが、変わらない大事がある。それは自分を見つめることで初めて見えてくる。

今、多くの人は無条件に出てくる自分の癖性分のままに行動し、自然や社会は危機的状況を迎えている。でも人はそのことを忘れていく。苦しむのが嫌だから。理由をつけたり、もしくは本能的に避けて何もなかったことにしている。例えば地球温暖化。警鐘を鳴らしているけれども日常生活はそのままで意識しているようには思えない。そして日本の借金。2060年には8,000兆円となるという試算が公表されているけれども、日本の政治家はそのことに向き合っているようには思えない。本当はそのことが常に頭のどこかにあって、それを踏まえて政策を考えなければならない。

これからますます自然災害などが起き、頭を使うこと、自然やものの流れを感じる力が求められるようになっていく。そうなっていかなければならない。だけれども人々にはその危機感が感じられない。これは時代の流れでもあり、人の成長への追い風なんだけれどもね。

人は本来、宇宙と一つ。その中で人類の歴史はほんの最近のことで、今の人生はその中のごくごく一部。魂は永続でずっと続いていく。それなのに、今の人生の目の前のことだけ見ていたらあまりにも視野が狭すぎる。そんな狭い視野で感情のままに思惑を巡らしても自分の価値は高まらない。魂は、生きているところから死の向こうへいく。そこを繋げなければ、実体の半分しか見えていないことになる。死の向こうまで伴える価値を積み上げる。本来、大切なのはそういうことで、それには自分を離れ広い視野に立つ必要がある。

☆彡 ☆彡 ☆彡

自我を持つ人間は自分の視点で世界を経験し、その中に閉じこもることが出来ます。それは文明社会を築き上げたことで自然のリズムを無視して生きる姿に重なります。そのような状態で自然環境は破壊され、人間社会も貧困や格差、分断や孤独など様々な問題が溢れ危機的状況を迎えています。ですが、人々は未だ自分視点で世界を眺め、情報の洪水の中、右往左往しているのです。

いかなる問題も、それをつくりだした時と同じ意識によって解決することはできない。

これはアインシュタインの言葉ですが、今の問題は人間の自我により生み出されたものです。それを自我により解決することは出来ないのです。今、多くの指導者が解決策を模索しても有効な手立てが生まれないのは、それが自我の延長から生まれていて、自分や人間の都合に基づくものだからです。

自我をなくすというのは、自分がなくなるということではなく、優れた自分と出会うこと。

いさどんはそんなふうに言います。

自らを分けると書く自分。自我は世界から自らを分けて際立たせ、そこで固定しようとします。そして、世界との繋がりを失っていきます。ですが、それは本来、波のようなもの。浮かんでは消えて、また浮かぶ。常に海全体の動きと連動し変化し続けるものなのです。

自我は波。自我をなくすとは波が海である自分に気づくということです。その時、大いなるものとの繋がりの中、安心して自分を表現することが出来ます。浮かんでは消える波の動きが海そのものの表現となるのです。

みんなが自我を超えた時に表現される世界。

それはすべての存在が繋がりの中で生かされる世界で、その中で、今ある問題はすべて解決されることでしょう。

いさどん@田楽祭田植え祭り



今の社会は自分の未熟を表している

以下、2年前の大人ミーティングでのいさどんの言葉です。

☆彡 ☆彡 ☆彡

物事の捉え方はたくさんあってね。

善意で捉えようと思ったら、
この世界にある全てのことは、
善意になるんだよ。

ただ、
人にはそれを善意で捉える力がないだけなんだよ。

宇宙は全て善意でできている。


なぜかというと、
宇宙は調和でできているから。

調和は、
悪意では保てない。

調和は、
善意によってしか、
成り立たない。

だから、
物事を善意で捉えられないときには、
自分が未熟だと思わないといけない。

そこを悪意で捉えるということは、
自分を観ないで、
悪意は相手から来ると思っているのだけど、
悪意は、
自らの未熟さから生まれるものなんだよ。

だから、
自分が言っていることは全て、
自分自身を表しているんだよ。

そこに気付かないと、
自らを改めることはできないね。

人間というものは、
必ず自分の都合の良いように
答えを求めようとするんだよ。

だから、
自分の本心があっても、
そういった人たちは「けど」「でも」と言って、
本心と違う行動を取るんだよ。

そのカラクリをわかって、
自分自身に修正の目を向けられるようになったら、
人は成長できる!

そのためには、
自らの想いをどんどん外に出していって、
まわりからフィードバックをもらい、
客観的な視点を育てていくことが大切だね。




☆彡 ☆彡 ☆彡

国連人権理事会の「表現の自由」に関する特別報告者、デービット・ケイ氏が日本政府を問題視する演説が報道されている中、安倍政権は共謀罪の法務委員会での採決を省略し、参院本会議で中間報告のみで採択を行いました。共謀罪に関しては、凶暴な新テロ法案と報じている海外メディアもあり、採択の進め方も含めて民主主義の危機と捉える人々もいます。

実際にそうだとしても、その動きを生み出しているのは一人ひとりの日本人で、これは日本人、つまりは自分の未熟を表しているのです。

森友学園や加計学園、そして共謀罪の強硬採択と安倍政権は批判されるべきところは多々ありますが、安倍政権を批判すると同時に上記のような視点も持つ必要があります。

例えば、安倍政権の辞任を求める運動をしたとして、それが成功したとしても、一人ひとりの人間性が向上することがなければ、次に同じような政権が生まれるだけです。

おかしな出来事と出会うということは、自分自身がおかしな響きを発しているということです。
だから出来事の改善を通して、自分自身も改善していく必要があるのです。

話しは変わって。

先日、木の花ファミリーにCo-Reキャラバンが訪れ、鯉谷さんと工藤さんと共に語り合いました。Co-Reコレは仲間みんなが家族と思えるような「1万人の村づくり」を目指して活動しているのですが、お二人は木の花ファミリーの姿に触れ感動したといいます。その時、お二人と共有したのは、世界平和や調和した社会を目指した時、行きつくところは結局「自分」だということです。

初めは熱い理想に燃えて動き出しても、いつか必ず現実とぶつかります。その時、自分の人間性と向き合うことになり、今の自分という枠を超え続けていく必要があるのです。木の花ファミリーは老若男女100名近くが共に暮らす中で、その取り組みを大切にし続けています。だから人を感動させる力があり、そしてそれは未来に対する希望ともなるのです。

今の社会を創っているのは自らの未熟です。だから自分が成長すれば、世界は少しずつ平和になっていきます。それは希望ですよね(^-^)


(左から)鯉谷ヨシヒロさん工藤真工さん、木の花ファミリーです。



そぎ落としにより発展する

6月9日は射手座満月でした。射手座満月について天下泰平さんは以下のように述べています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


今晩、2210分より満月となります。

201769日の満月は「射手座満月」。


  ~ 中略 ~

その射手座満月のポイントは、ずばり「和合・調和」のようです。

まず、数秘術の世界でも69日」というのは“6”“9”の陰陽和合を意味する特別な日であり、それに加えて今回の射手座満月の星の配列は、太陽と月、そしてラッキースターである木星が直角三角形を形成していることに大きなポイントがあるようです。

射手座の支配星である木星、そして太陽と月という陰陽の調和。

この射手座満月は「和解」などが大きなテーマとなるようです。

さらに、今年26日から「逆行」に入っていた木星が、なんとこの満月の1時間後には4ヶ月ぶりに「順行」に戻ります。

ラッキースター木星は、今は地球や地球人個人にとってとても強く影響を及ぼす重要な惑星。

この4ヶ月間、滞っていた物事がスムーズに行き始めたり、今晩を境に明日からは心機一転新たな流れが始まると思います。


☆彡 ☆彡 ☆彡

6月9日、陰陽和合を意味する日にロータスランドはちょうど営業69日目となりました。3月21日、太陽が春分点を通過した最初の朝にプレオープンし、水星逆行が終了し立夏を迎えた5月5日にグランドオープンしたロータスランド。その動きは常に宇宙の運行と共にあることを感じさせます。

同じく6月9日、天皇退位の特例法が成立しました。ライオンズゲートの日であり、アース・オーバーシュート・デー」(1年分の資源を使い果たす日)でもあった昨年の8月8日、天皇陛下は退位についてのお気持ちを表明しました。そして退位のための法案が陰陽和合を意味する日に成立するのも宇宙の流れの中にあることだと思われます。

※ちなみに6月9日のロータスランド来店者数は88名でした。

静ちゃんプロデュースの中国人お客様ツアー(5月30日~6月1日)@ロータスランド

その6月9日の22時10分。僕はどうしていたかというと風邪をひいて寝込んでいました。そして、次の日も寝込み、何も食べずに過ごしました。発展や拡張を意味する木星が順行になるタイミングで寝込み断食する自分。自分の思惑とは大違いの出来事に出会いましたが、これは僕にとっての発展や拡張が「そぎ落とし」によって成り立つことを意味しているのだと思いました。

自らを分けると書く自分。天の流れに沿って生きていこうとしている僕にとって、自分から生まれる想いや願いや不要なものです。例えば、いさどんは以下のように語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


僕が常に皆に伝えていることは、そういった「~したい」「~になりたい」という願望を消しなさいということです。そして与えられるがままに存在しなさい、ということです。すべてを受け入れれば、己から解放されます。僕はそのことが伝えたいだけなのです。

今の姿のあなたがすべてではないのですから、いくらでも変化・変容・変態を繰り返すことが可能です。そして、それが宇宙の実相なのです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

上記のいさどんの言葉にあるように「~したい」「~になりたい」という願望を消し、己から解放されれば、ただ出会う出来事を楽しんでいくことが出来ます。それは「流れ」という全体性と一体になり、この宇宙そのものを楽しむ道です。そこにこそ、僕の発展や拡張があり、そのために日々、自らに湧き上がる想いや願いをそぎ落としていく必要があるのです。自らの想いをそぎ落とすことで大いなる流れと和解し調和する。風邪という都合の悪い出来事はそんなふうに生きていくことの再確認の機会となりました。

今もまだ残る頭痛。それは思考を超えよう!!!というメッセージと受け止めています。

常日頃から「頭で考えるのではなく、信じて歩んでいくと、後からその意味が示され解る」と語るいさどん。以下の絵はそんないさどんの話を聴いたジョイさんからいさどんに手渡された本の表紙です。



泥のようにも感じる自分の都合の悪い出来事。それは自分の段取りや思考を超えるきっかけを与えてくれます。段取りや思考を超えて信じて歩いていく。その先に美しい蓮の花が咲くのでしょう。

泥の中で自分の都合をそぎ落とし美しい花を咲かせますね(^-^)

余裕がほとばしり出るような徳の積み方(2017)

大いなる力には大いなる責任が伴う」に書いたように、僕には心の道を歩む責任があると思っています。とは言っても、人には結果をコントロールすることは出来ません。未来がどうなるかはいつも未知であり、未知だからこそ道と言えます。だからただいつも目の前の出来事に丁寧に向き合うだけであり、結果やそれに伴う評価については完全に手放すことになります。

ところで僕は2年前の6月、いさどんからこんな言葉を貰っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

なかのんは真面目で一生懸命やっているが、もう少しそこに余裕があると、あの人は本当に徳を積んでいるねということなんだけど、一生懸命「この道だぁぁぁ」とやっていると、そこに余裕がないと、何とか一生懸命気合いを入れてそこを保っているという状態。

余裕がほとばしり出るような徳の積み方というものがある。



☆彡 ☆彡 ☆彡

2年前に比べると今の自分には大分、余裕があります。その余裕がどこから来るかと言ったら、結果や形に囚われない姿勢から生まれているのだと思っています。

結果や形に囚われない。

言葉では当時も同じことを語っています。ですが、これは頭の理解ではなく体験を通して育まれていく姿勢です。自らを分けると書く「自分」は、この世界を切り取り固定することを求めます。そして自らが切り取った世界に対する評価や承認を求めます。その「自分」、自我の動きから自由となり、そこから「自分」を眺め、「自分」を育んでいくのです。これは終わりのない旅であり、僕はこれからさらに自由となり、余裕を育んでいくことでしょう。

多くの人は自らの思惑で状況を変化させようとします。そして努力をするのですが、その努力は現実とぶつかりなかなか思うようには進まないものです。自分と相いれない他者の思惑に出会い、苛立ち苦しむことになります。フランスや韓国の大統領選挙、そしてアメリカによるパリ協定離脱宣言と社会の分断を表すニュースが続いていますが、それらは多くの人々が自らの思惑に基づき努力をした結果です。今、人智による努力は社会を混乱させています。

ですが、結果や形から自由となり余裕を育んでいくと出会う出来事が変化していきます。そして、その変化を楽しむことが出来ます。それは自らの想像を超えた世界で、様々な立場の人を繋げていきます。人智を超えた大いなる流れ。人々がそれを意識し委ねた時、世界はきっと新しい扉を開くのだと思います。

そんな心を育むための集まりが2017年7月15日(土)~17日(月)まで開催される第11回大人サミット~私たちはこれから何を目指すのか〜」です。以下、案内文を引用しますね。

☆彡 ☆彡 ☆彡


人は、見えないと「どうなるかわからない」と不安になり、未知なるものを恐怖に感じて何とか現状を維持しようとします。ところが地球は、広大な宇宙空間を実に秒速30kmというスピードで、らせんを描きながら常に未知なるところへ未知なるところへと進み続けています。どんなに今いる場所を絶対だと思っても、次の瞬間にはもう、私たちはまったく違った新しい場所にいるのです。変化変容し続けるのが地球の、そして宇宙の実体であり、そのエネルギーは我々人間の力など到底及ばない、とてつもなく大きなものなのです。

宇宙探査機が目的地に向かう時に、「スイングバイ」という方法を使うことがあります。探査機のエネルギーだけで遥か彼方の目的地に行こうとすれば、莫大なエネルギーが必要になります。そこでどうするのかというと、天体のエネルギーを利用するのです。とてつもないエネルギーで宇宙を移動し続ける天体の引力を利用し、その公転軌道に乗ることで探査機の推進力を上げ、しかるべきタイミングで軌道を離れて目的地に向かえば、少ない燃料で効率よく到達することができます。探査機だけの力では行けなくとも、天体の推進力に乗ればいいのです。

今、最も力強い推進力は、20121221日の「銀河の冬至」から始まった新たな時代の流れです。地球が一年に一度冬至を越えて光を増していくように、太陽系もまた25800年ぶりの冬至を越えて、闇の時代から光の時代へと切り替わる大転換期が始まりました。今こそ、私たち人類は出口の見えない混乱を抜け出し、この壮大なる時代の流れにスイングバイする時がやってきたのです。その先には必ず、今はまだ見ぬ新たな世界があります。もしも今あなたが生き辛さを抱えているとしたら、それはきっと「そろそろ新たなルートへ進みなさい」という天からのメッセージであり、あなたへの追い風なのです。

さあ、準備は整いました。個々が幸せを求めて一生懸命エネルギーを費やしてきた結果が今の社会ならば、個々の囚われを手放し、大いなる時代の流れに乗る時がやってきたのです。これから世界には、大変革の時が訪れます。人々が恐れようと理解できなかろうと、確実に時代はその方向へ進んでいます。その時代の流れを感じ、そこに乗って新たな世界へと踏み出した時、私たち人類はこの世界に生きる真の意味に目覚め、時代と共に希望溢れる未来を創造していくことができるようになるのです。そして、世界に二つとないあなただけの人生の花が美しく花開くことになるでしょう。


どうぞ共に時代に乗って、新たな世界へスイングバイしませんか。

☆彡 ☆彡 ☆彡

自らの思惑を叶えるのではなく、ただ出会う出来事を楽しんでいく。その結果、人と人が繋がり幸せになっていく。そんな心を育みたい方。是非、大人サミットにご参加下さい。共に未知の未来を楽しみましょう(^-^)


2016年7月に開催された第10回大人サミットの様子です。

Your left Slidebar content. -->