スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

いつでもどこでも同じ心で

昨日、招待していただいた山元学校の第190回記念レセプション&山元雅信誕生会に参加して来ました。シリアの大使や衆議院議員の原田義昭氏をはじめとして角界で活躍する方とお会いできる貴重な機会となりました。日本シリア議員連盟の成立が1週間前に可決されたというビックニュースに始まり、歌や三味線、書の披露などが彩りを与えとても素晴らしい場となっていきました。

左から(山元さん、シリア大使、原田議員)


この会に参加するにあたって、僕は山元さんから以下のような言葉を貰っていました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

二次会で自己紹介タイムがあるので、木の花ファミリーの話をして下さいね。木の花ファミリーは今の世の中で大家族の素晴らしい集団生活で学ぶべきところが沢山あります。

中野さんの役割は、木の花ファミリーが存在している事実を皆さんに知らしめることだと思います。まだ知らない人達がいるので、勿体ないです。

木の花ファミリーのチラシを100枚用意して下さいね。主だった人達と名刺交換して下さい。100枚は必要です。

☆彡 ☆彡 ☆彡

それで僕は、木の花ファミリーのことを知らせる思惑を持って参加したのですが、初対面の人ばかりが集まる場で、会自体は別の話題で進行しています。そんなに簡単には木の花の宣伝は出来ません。まぁ、それはそんなものだろうと思っていました。そして、それでいいのです。

この会は山元学校の発展、そして山元さんの誕生日を祝うために様々な人が集まっているのですが、それを実現しているのは山元さんの人柄、そのホスピタリティにあります。多くの人が集まる中、山元さんは全員のことを立てて、みんなに紹介しようと奮闘されていました。その姿は素晴らしいものでした。

人柄が場を生み出し創っていくのです。

それならば僕自身が表現すべきものは、木の花の情報よりむしろ、その生活の中で育んできた自分の人間性です。ならば思惑は手放して、その場を楽しみ、その場を創っていくことが大切なのです。そんなふうに思い、場を楽しみながら、少しずつ参加者と交流し木の花の話をしていきました。それはとても良い時間となりました。

そして、2次会。自己紹介の時間は1分~2分。
その中でどう木の花のことを印象づけるか?
それは僕にとっての真剣勝負です。

まず資料はそれぞれの席に配らせて貰いました。
そして、考えて以下のように話しました。

僕の年間生活費は、なんと! 25万円。
なんでそんな生活が出来ると思いますか?

みんなで一緒に生活して自給自足をしているからです。

そんな僕の言葉に山元さんが絡んでくれ、引き立ててくれました。
ありがたいことです。

とりあえず会場の注目を集めることは出来ました。
そして、そんな僕の話を聴いて、以下のように言ってくれた人がいます。

☆彡 ☆彡 ☆彡

あなたのスピーチは素晴らしかった。
お金とかそういうものではない満ち足りた幸せが伝わってきた。

☆彡 ☆彡 ☆彡

こういう言葉は嬉しいものです。

木の花にいても、他の場所に行っても、その場で調和的な空気を生み出し場創りをしていく。その姿勢が何より大切なのだと思います。木の花のことを伝えたいという思惑を手放しながらも、大事は大事、それを忘れずにチャンスの時にはすべてを掛ける。その姿勢がまた場創りになっていきます。

調和した空気が広がっていくように。

ホスピタリティのある山元さんが人々を繋げていくように、僕自身も日々、自分の人間性を高めていきます(^-^)






コメント

人気の投稿(過去1年間)