スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

天の真理を皆で降ろす

昨日から1ヶ月間の真学校が始まっています。毎年、初日はスタッフや講師、そして受講生で自己紹介の時間を持ちます。僕は経済の講師としてこの時間に参加し、以下4つの質問に答えながら自分の話をしました。(昨年の自己紹介については「予測不能の一本道を進む」に書いています。)

---

1 ニックネーム

なかのん

2 好きな食べ物

「かぼちゃ」

子どもの頃、一番嫌いだった食べ物が今は一番好きになっています。
人は変化するということです。
※これ、毎年同じ話をしています。

3 自分を一言で表すと 

「海」

3年前、僕はある人から「海(かい)ちゃん」という名前を貰いました。それをたまたま思い出しました。海はこの地球で全部繋がっています。一人ひとりの人間も一緒で、僕らは波にように個性を際立たせますが、奥ではすべての存在と繋がっているのです。そして、人生で出会う波(人や物事)はすべて海から生まれるもので、元は一つで全部自分と出会っているのです。

4 真学校に期待すること

世界の側から自分を見る。

この世界には一つの流れがあって、すべての出来事の奥にはその流れがあります。その地点からみんなが自分を眺めて、映画を観るようにそれを楽しんで、それぞれの特性について語り合ったら楽しいだろうなと思っています。

---

こんな感じです。

僕が自己紹介をした後、ようこちゃんが自己紹介をしましたが、ようこちゃんには「天女」という言葉が浮かんでいたそうです。そして、天は「あま」、それは海にも繋がっていて、海という言葉も書こうと思ってなんとなく止めたら、たまたま僕が「海」という言葉を書いていたということでした。

ちなみに「アマ」はカタカムナ単音豆辞典を見ると以下のように述べられています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

「ア」音の響きわたっている範囲の空間(マ)、すなわち宇宙空間を意味する。アマは現象に属し、アラユルもの(生命・物質)の出現の前の状態を言う。万物を生み出す根元というところから、天・海・女等に通じる。※「ア」は高次の響きを意味します。

カタカムナについてはこちらを参照して下さい。
 →真学校2016年レポート「4日目カタカムナ」

☆彡 ☆彡 ☆彡

ようこちゃんは天女、そして真学校に期待することは「天の真理を皆で降ろす」です。その言葉を受けて、ここでいさどんの真学校開講挨拶の言葉を一部紹介します。

☆彡 ☆彡 ☆彡

実は、皆さんへの講座で使うプレゼンテーションを今用意しているのですが、その半分ほどは、もしかするとちんぷんかんぷんかもしれません。その、よくわからないものを皆さんにプレゼントしようとしています。「これを聞いてもきっと理解できないだろうな」と思いながら、プレゼンテーションを準備しています。

それはなぜかというと、もしも皆さんがわかることを得るとしたら、皆さんはきっと納得することでしょう。しかしそれでは、あなたの心は満足するかもしれませんが、あなたが変わることにはならないのです。

多くの人は、自分が納得できるものだけを得ようとします。しかし納得できるということは、それは自分の理解の範囲内のものだけを得るということですから、そこに進化はありません。時代は常に進化し続けているのですから、今の考えのままでい続ければいつかは必ずそこに矛盾が発生し、行き詰まるようになっています。ですから、皆さんのために、「きっとこれは理解できないだろうな」と思いながらプレゼンテーションを用意しています。

新たなものに出会うということは、「そういう捉え方があるのか!」と、これまでの自分の枠を突破することになります。ですから、皆さん一人ひとりにできる限り寄り添いながら、理解できるようにお話ししていきますが、わからなくてもいいんですよ。なぜなら、わからない話に出会っている、というだけで、すでにあなたは、今までのあなたの枠を外し、新しい世界にいるからです。


そうでしょう?自分がわからないところへ積極的に行こうとするなんて、普通はしませんね。そこにいるというだけで、新たなものを得ようとする姿勢があるということなのです。それは、進化しようとする姿勢の証です。


☆彡 ☆彡 ☆彡

天の真理は人間の理解を超えています。それは常に分からないところに人間を導きそして人間の枠を広げてくれるのです。みんなで分からないところに心を開いていくことで天の真理を降ろしていく。この場がそんな場になれば、その波動は世界に広がり世界の枠も広げてくれることでしょう。

1ヶ月間の真学校がスタートしました。それがみんなをどこに導くか?

とっても楽しみです(^-^)

真学校受講生と木の花ファミリーのみんなです。


コメント

人気の投稿(過去1年間)