スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

自らの意志で時代を表現する

六辻彰二さんはブログで民主主義についてこんなふうに書いています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

選挙や民主主義は、国民の要望を取りまとめるという「統合」の側面があります。しかし、その一方で、個人や各勢力が自らの意見や利益を表面化し、競合することにより、そこには宿命的に「分裂」の側面もあります。民主政で名高い古代ギリシャで、市民権が拡大するにつれ、富者と貧者の間の階級間闘争が激化し、最終的に専制君主国家のマケドニアがギリシャ世界を併呑したことは、民主主義がもたらす社会の分裂の危うさを現代に伝えるものです。


☆彡 ☆彡 ☆彡

1月20日(日本時間21日)トランプ大統領の就任式がありましたが、それに対する抗議デモが全米各地で起きているようです。そして、首都ワシントンでは、抗議デモが警察官と衝突し、警察官2名が負傷し、200人を超える人々が逮捕されました。これはまさに六辻さんが語る民主主義の「分断」の側面と言えます。

こんなふうに大きな騒ぎを巻き起こしているトランプ大統領についていさどんは以下のように語っています。

☆彡 ☆彡 ☆彡

トランプ新大統領はこれから何を引き起こしてくれるのだろうか?

人々が想像できるような、かつ容認できるような範囲で大統領の任務を果たすようなことでは、21世紀の初頭にあたって希望は望めないことになるだろう。そこで彼が人々が想像できないようなことをやり遂げるとしたならば、それは世界にとって衝撃的なことになるだろう。なぜなら、今は次の時代に向かうと言いながらも、まだあの国の実力はあるからだ。しかし、あの連邦議事堂や就任式の飾り付けを見ていると、それは極めてアメリカ的かつ地球的に感じた。あの領域にしか、まだ人間は到達していないのだ。これは意識の話だからこそ、物理的に宇宙船に乗って宇宙探査へ行ったとしても、結局宇宙での人類の行いは地球的意識の延長にしかすぎない。あそこで展開される世界がある意味、この時代の地球の最先端のリーダーたちの意識レベルなのだ。



☆彡 ☆彡 ☆彡

昨年6月、国民投票でのイギリスEU離脱、そして11月、アメリカ大統領選でのトランプ氏の勝利。この2つの出来事は事前の予想を覆すものであり、多くの人がその結果に驚きました。トランプ氏は人々の想像を超える出来事の主役となったのです。ですが、これは時代が生み出した現象であり、トランプ氏は時代に使われているだけなのです。


トランプ大統領の主張は、アメリカ第一主義であり、これは新しい時代の意識ではありません。今までのアメリカの延長上にあります。先に引用した文章でいさどんは以下のように語っています。


☆彡 ☆彡 ☆彡

近年のアメリカの歴史を振り返ってみると、たとえばブッシュ大統領は権力で世界を支配しようとしてきたが、オバマ大統領は「アメリカは世界の警察官ではない」と宣言し、そしてトランプ新大統領は「自国のことを優先していくアメリカファースト」と述べている。このように段階を踏んでいるから、時代の流れからすると彼の就任演説は今の時代にぴったりの話だ。

☆彡 ☆彡 ☆彡



アメリカは言葉の上では世界の秩序を守ってきました。ですがそれはアメリカ都合の秩序で、結局はアメリカの利益を追求していただけでした。横暴に見えるトランプ氏の姿はそのアメリカの姿勢を暴き出しているだけで、それは世界のどの国にも当てはまることです。日本は日本の利益を求め、トランプ大統領に近づこうとしています。

銀河の夜明けが過ぎた今、今までの秩序が壊れ、新しい時代を迎えようとしています。今までの秩序とは自我に基づく秩序であり、自分都合の秩序です。立場が変われば都合が変わりそのため対立や争いへと繋がっていくのです。自らの主張を推し進めるトランプ大統領は古い秩序を崩壊する役割を担っていますが、それは本人が意図したものではないでしょう。本人は古い秩序の復活を願っています。ですが、時代がトランプ大統領の希望を叶えることはないでしょう。これからは自我を超えた世界が表現されていくのです。

時代は変化しています。ですが、今、表に出てきている人たちは時代に使われているだけで、その変化を主体的に担ってはいません。そのため出来事に振り回されそれが混乱となって現れているのです。

時代の変化を感じ、それを主体的に担っていく人々が集まった時、そこには異次元空間が生まれます。それは人々の想像を超えた天の流れが表現される空間です。

量子論の生みの親、マックス・プランク氏は「意識は物質よりも根源的で、物質は意識の派生物に過ぎない」と言っているそうです(こちらを参照)。量子論の世界では、電子は「波であり、波ではなく」「粒子であり、粒子ではない」のです。それを生み出しているのは観察者の意識です。

この世界は天の意識によって生み出されています。それらはすべてが繋がり変化を本質としています。ですが、人間の意識は事物を区切ってみて固定する能力を与えられました。それが人それぞれの世界観をもたらし、世界をさらに彩り豊かにしていきました。そのままなら良かったのですが、区切って見ることに慣れた人間は、元の世界を忘れてしまっているのです。そして表面的な違いに目を奪われ、分断が起こり対立や争いへと発展しているのです。

この世界を区切って固定した人間は、天の意識に対して扉を閉ざした状態となっています。原点との繋がりを失った人間は生命力を弱め、不安定な存在となっています。そのため目の前の出来事に一喜一憂するのです。

自分の視点を超えることで、天への扉が開かれます。それは自分の原点へと還る体験であり、物事を生み出す位置へと至る体験です。自分と世界が一つとなり、外から自分を眺め、世界の中に自分を位置づけることが出来るようになります。

それは無限に高まり無限に深まる真実への探求で、

そこには「あれ!?ここはどこだろう?」という空間が立ち顕れます。

3月21日オープンのロータスランドはそんな空間にしてきます。是非、異次元空間を体験しに来て下さいね。




またここで書いたような世界観にどっぷりと浸かりたい方には2月19日スタートの一ヶ月間の真学校がお勧めです。


前回の一ヶ月間の真学校受講生のみんなです。


多くの方との出会いを楽しみにしています(^-^)




コメント

人気の投稿(過去1年間)