スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

心を爆発させ思考の枠を吹き飛ばしていく

あけましておめでとうございます。

木の花ファミリーでは年明けの瞬間はみんなで「ヒトイズム-ヒトという存在の実体は何ものなのか-」を読んでいました。ヒトイズムとは何か?上記のリンク先にはこんな文章があります。

☆彡 ☆彡 ☆彡

例えば、医者が病気について「今病気はこのように進んでいて、それをこういう風にすればこうなって良くなりますよ」と言うのは、科学的分析の結果の話であり、人間が理屈で理解して納得できる世界だろう。しかし、この世界は人間の理屈を超えたところで成り立っている。だから科学や理屈で考えて納得できるところを超えた時に、奇跡が起きるんだよ。

宇宙は奇跡の連続だ。なぜなら、もともと人間の思考のキャパを超えたところで成り立っているのだから。だから宇宙を生きるという意識レベルを考えるのならば、科学や理屈を超えたところでものごとを受け取る器を持つことが必要だ。そうでなければ、真実は観えてこない。

それには、人間壊しをすることだ。人間を壊して、ヒトとして存在する。それがヒトイズムだ。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この世界は人間が誕生する前から存在しています。その法則は人間の思考を超えていて、だから納得を超えた出来事が起こります。思考の枠を壊していく。それがヒトとしてのありかたであり、僕は今年そんなふうに生きていきます。

2017年、木の花ファミリーのテーマは「爆発」です。

心を爆発させ、思考の枠組みを引き飛ばし、空っぽになって、出会う出来事すべてを受け取り、そこから学び成長していくのです。分かっているのは自分がこれからも成長し続けるということだけ。それがどんな姿かは天にお任せしています。

心が変われば世界が変わる。

この言葉は事実ですが、この時、変えようと思うことも欲であり、その姿勢が世界に反映されます。心が開いていれば、自ずと変わっていくのです。なぜなら、変化変容がこの世界の本質であり、自然界のものは常に変化し続けています。ところが人間は自我を持つことにより、他から自分を切り離し、自分だけの世界を思い描く自由が与えられました。それが思い込みや執着となり変化を妨げているのです。思い込みや執着の延長で心を変えようとしても、それは世界に反映されず、変わらない日常が続くのです。

だから心を爆発させ自我を吹き飛ばせばいいのです。すると、自分が空っぽになり出会うことを通して自分が変化していくのです。それは思考の枠を超えたダイナミックな出来事、心を空っぽにしたら、毎日がダイナミックなものとなっていくのです。

元日は、朝にみんなで初日の出と富士山を拝み、お昼のみんなでお雑煮を食べて、夜は子どもたちが企画してくれたゲーム大会を楽しみました。どの瞬間も新鮮でとても暖かく楽しい時間を過ごしました。

みんなで初日の出を食べています(^-^)

初日の出(^-^)

元旦の富士山(^-^)
ゲーム大会の様子(^-^)


ところで「ヒトイズム」をみんなで読んだ時、光が消えている星の存在が話題になりました。そして、そこから人間の誕生に関わる精子の数も話題になりました。数億の精子の中でたった一つが卵子を結びつき誕生へと至ります。それを誕生の瞬間だけを切り取ってみると、他の精子は無駄なものとなりますが、物語として繋げて観れば、すべての精子に存在の意味があるのです。すべてを繋げて観る時、すべての存在や出来事は生かされていくのです。

出会う出来事をすべて受け取ること。否定せず拒絶せず受け取ることによりすべての出来事は生かされていきます。そのために心を爆発させ、自我の枠組みを吹き飛ばしていきます。

安倍首相は年頭所感にて、「女性も男性も、お年寄りも若者も、障害や難病のある方も、一度失敗を経験した人も、誰もが、その能力を発揮できる一億総活躍社会を創り上げ、日本経済の新たな成長軌道を描く。」と述べていますが、これははっきり言って絵に描いた餅です。地球環境が悪化し、国の人口が減少している今、成長軌道を描くのは現実的ではありません。実際、成長軌道の根拠となるデータはどこにもありません。それは思い込みや執着となり、その姿勢は変わらない現実を生み出します。様々な問題に直面する現代社会において、変わらないということは状況が悪化していくということです。

心を爆発させ思考の枠を吹き飛ばせば、困難な現実をそのまま受け止めることが出来るようになります。すると、立場の違いにより人々が分断されているこの世界の中に繋がりが見えてきます。すべてを繋げて観る時、すべての存在が生かされます。それは本当の意味での一億総活躍社会となりますが、それは予測不能な奇跡となって顕れます。それがどんな社会となるのか?木の花ファミリーはその雛形となっています。

つまり僕らの未来は予測不能。だけれども、それはこの世界の本質である変化から生み出されるものであり、そこには希望と祝福があるのです(^-^)

このブログでは今年もそんな生活からの学びを発信していきます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。






コメント

人気の投稿(過去1年間)