木の花ファミリーは、一人一人独立した個人が集まり一つの経済を生み出しています。その暮らしは、とてもユニークで優しく本質的な平等が実現しています。天然循環法による恵みをいただき宇宙を語る木の花ファミリー。お金を通して心を表現していきます。

克服すべきは自分自身

キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長が死亡しました。キューバ革命を成し遂げ、アメリカという大国の側で、独自の立場を貫いたカストロ氏は英雄と見なされる一方、100万人以上のキューバ人を難民にした無慈悲の独裁者としても見られています。

教育費や医療費の無料化を成し遂げ、99.8%(2011年)という高い識字率をキューバにもたらしたカストロ氏は、核の悲惨さや環境保護の大切さも語ってきました。カストロ氏が平等や平和を目指し、共産主義国家を樹立したことは間違えないのでしょうが、自由の弾圧という負の遺産も抱えているのです。

旧ソビエトでも中国でも共産主義の下に弾圧が行われました。これは共産主義の持つ負の側面ですが、その萌芽はマルクス思想の中に初めからありました。マルクスは歴史を階級闘争と見なし、資本家から権力や財産を奪取する必要性を訴えていました。権力や財産を奪取した後、社会全体のものに変えていこうとしたのですが、その奥には対立の心があり、それが原動力となっていたのです。

共産主義は、資本主義を悪とし、それに対抗することで自分たちが正義となり、それを誇りとしてきました。その誇りが時に暴走し、横暴な態度に繋がり弾圧を生み出してきたのです。出発点が対抗(対立)の心であるため、それはいつまで経っても真の平和に至ることがないのです。

同じようにアメリカの存在はキューバを脅かしましたが、それに対抗することがカストロ氏の原動力となっていたのだと思います。そのため平等や平和という高い志が実現することはなかったのです。カストロ氏の人生は対立の中にあるように見えます。

これはカストロ氏がどうこうという問題ではなく、時代がそういう時代だったということです。一つの時代を築き大きな影響力をもったカストロ氏の死亡は、時代の変化を表しています。それはトランプ氏が大統領選に勝利し、国の威信を低下させているアメリカの姿にも表れています。

今、時代は大きく変化しようとしています。

今までの時代は、外に悪を見出し、それを克服しようとすることを原動力とし、エネルギーを使ってきました。貧困、飢餓、環境破壊、気候変動など。これらは確かに大きな問題ですが、それらを悪とし克服しようとしても解決することはないでしょう。なぜなら、その奥には都合の悪いものを排除する心があり、その不寛容な心が人々の対立を生み出し続けているからです。

克服すべき対象は外にあるのではありません。克服すべきは自分自身です。一人ひとりが自分の中にある不調和な心を見出し克服し続けること。それだけがこの世界を真の平和へと導けるのです。

今、木の花ファミリーでは来年の1月28日(土)に行われる富士浅間木の花祭りへ向けての練習が始まっています。この祭りでは新しい時代の到来が表現されています。それが一番端的に表れている金神様と翁の問答を紹介します。自分を克服し、掃除洗濯を済ますことで、金神さまと共に尊き天意転換(たてなおし)を実現しましょう(^-^)

金神さまです。


金神様と翁の問答              

 
  
伊勢天照皇大神 熊野権現 富士浅間 ところは当初の氏大神。木の花の佐久夜の御庭におわします、金色(こんじき)の尊き姿の御身は、どなた様にてござりましょう。

金神  

この方(ほう)は、艮の金神と申す。
時いよいよ来たれり。この度は、地球(くに)最後の天意転換(たてなおし)。一度に清める神幽顕の三千世界(みちよかい)。 汝らの宇宙(うつ)、光一つ上ぐる仕組み。今の世は「我よし、力よし」の獣の世、蛇の「あやま知」支配する、穢れ(けがれ)逆巻く魔釣りの世。

      

艮の金神とはいかなるお方にてござりましょう

金神
  
この方(ほう)は、宇宙(うつ)を創りた元つ神。こ度の宇宙(うつ)の天意転換(たてなおし)、始原(はじまり)の、時より決まりてありた事。この方隠れている間、「我よし」「あやま知」逆巻いて、神が息の出来ぬほど、穢れ(けがれ)汚れたこの世界、最後の最後の大仕上げ。この方再び現れたなら、光に穢れ(けがれ)混じること、適わぬ(かなわぬ)世となるべきなり。古き仕組みに変わりたる、新たな仕組み始まれり。
縁ある御魂引き寄せて、掃除洗濯 済みしものより、神の使える器となりて、こ度の尊き天意転換(たてなおし)、汝らご用に使うてやる。


一度はお隠れなされた御身が、再び現れ出る(いでる)と申されるか

金神  

いかにも。この世は逆さまじゃ。どうにもならぬ者どもを、今から改心させるため、世の中ひっくりかえすぞよ。これからは、神人(かみびと)、天地が一体の「弥勒の世」が始まるぞ。
故に皆々様、御魂磨いて下されよ。御魂磨かずおられては、使えるものにはならぬぞよ。
神多くの人民の、御魂目覚めて欲しいのぞ。汝ら皆々大切な、地球(くに)の日月の神々じゃ。
一なる花を二の花へ、二なる花を三なる花へ、大和の御魂を呼び覚まし、腹にまことを据えるのじゃ。
この心、天教山より日の本の、隅々にまで広げるぞ。汝らその役、引き受けられい。

      

引き受けましょう。我らこれより「弥勒の世」、創らんがためありましょう。

金神  

一度は渡したその榊。天の元に供えられい

(金神は後ろを向く。翁が榊の枝を金神の腰に差して退場する。
金神、根付きの榊に持ち替えて、四方でへんべいを踏んだ後、神座に戻る)

皆々様、いよいよ金神動くぞよ。さすればこの世、嬉し嬉し、愉し愉しの世となりて、真(まこと)の世が花開く。皆々笑え、愛し合え。真(まこと)次々現れくるぞ。
あっぱれ、あっぱれ、富士は晴れたり、日本晴れ。
オー、オー、ヒフミヨイ マワリテメクル ムナヤコト オー。
真(まこと)の神が現れる。神人(かみびと)共に現れる。弥勒の世の幕開けじゃ。
真(まこと)の真釣り(まつり)始まるぞ。新たな時代へ、船出の時じゃ。幕開け祝い踊ろうぞ。




0 コメント:

Your left Slidebar content. -->