スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

すべてを生かしていく

パリ同時多発テロから1年が経ちました。当時、僕はこの事件からは大きな衝撃を受けました。そして、以下、3つのブログを書いています。

 客観性に基づく大いなる循環の中で祈りを捧げる

 永遠の相の下にプロセスとして見ていく

 みんな神さまでみんな好き

それぞれざっと読み返した時に、いさどんブログ21世紀のいのちの捉え方」から引用した以下の言葉が心に残りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡


死を迎えることは、人生の区切りをつけ、次のステージに行くことでもあるのですから、亡くなった人を見送る人たちは、死者に対して、「こうだったらよかった」「ああだったらよかった」と考えるだけでも、その人が次のステージに行くための後ろ髪を引くことになるのです。
生死の流れからすると、亡くなった人たちは必ず次へ行かなければいけないのです。ですから、そこでは未練を持つのではなく、その人との出会いから感情を入れずに学ぶことが大切なのです。学ぶことがその人の死を生かすことになるのです。

生きている者からすると、その人の生き様を見せてもらったのですから、「あの人はこう生きてこのような結果を迎えたのだから、自分はこのように生きていこう」と自らの生き方につなげ、学ぶことが、人の死を生かすことになるのです。どんな人の生き様であっても、それが殺人者であろうが、自殺した人でも、一つ一つの事例として残された人に見せてくれているのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この文章は原文ではさらに以下のように続きます。

☆彡 ☆彡 ☆彡

よくある話として、余命3ヶ月と宣告されると、「どのようにその期間を過ごしたらいいのでしょうか?」という質問をご家族から受けることがあります。その時に僕が答えるのは、その人が亡くなっても、その人の生き様(人生経験)は残った人たちの中に生かせるということです。ですから、生きている間にその人を観察し、なぜ今のような状態になっているのかを理解した時に、その人の人生を自分も生きたと捉えることができるのです。
わたしたちは自分ひとり分の人生を歩んでいますが、縁の近い人の生き様は身近で赤裸々に見せてもらっているのですから、それを自分も経験したと同じように捉えることができるのです。ですから、そこから学び、自分のこれからの人生に生かすと、死は世代を超えて生き続けることになるのです。
さらに、亡くなった本人自身の学びが不十分だったとしても、残った人たちがその人の生き様から学び、生かしてくれたということになると、本人から悔やみがなくなって次への旅立ちの手助けにもなるのです。
☆彡 ☆彡 ☆彡
縁の近い人と言えば、僕は父からは沢山の影響を受けています。「父の課題=僕の課題」と思って受け継いだ性質と向き合っていた時期もあります。(そのことについては「あなた未熟もみんなに役立つ」をお読みください)。父はまだ亡くなってはいませんが、身近な人として赤裸々にその人間性を見せてくれたとても大切な存在であり、父の人生は僕の人生であり、そこからの学びは今の僕に生きています。

僕に強い執着を持っていた父にとって僕が愛を持って離れた場所で暮らすことは父の業(カルマ)の解消に繋がります。事実、僕への執着から自由となった父は穏やかに暮らしています。それは母にとっても同様で、僕がこの場で心を磨くことは親族の業(カルマ)の解消にも繋がっていくのです。だからこそ、僕は父から受け継いだ特徴から自由であり続ける必要があります。

身近な人々がその生き方から人間というものを赤裸々に見せてくれるように、世界中で起きている出来事もその状況に応じた人間というものを見せてくれています。パリ同時多発テロ、そして、その後のフランスによるシリアへの攻撃、それらは人類の歴史の中で起きていて、人類全体の業(カルマ)となっています。それらは痛ましい出来事ですが、僕ら一人ひとりがそれをしっかり認識し、そこから人間というものを学ぶことで悲劇は生かされていきます。

何でも生かしていくことが大切で、そのためには繋がりを見出す必要があります。様々な出来事の奥にある繋がり、人と人、人と自然との繋がり。生と死との繋がり。そこを意識し行動した時、すべての出来事は生かされていくのです。

ですが今、世界は分断の極みにあります。それは人々が表面的な出来事や目先の損得に心を奪われているからであり、そのため立場が変われば意見が変わるバラバラの世の中となっているのです。テロや紛争はそんな人々の姿勢の延長で生まれています。

一人ひとりの人間はこの世界の中で様々な立場をとり暮らしています。そしてその立場からこの世界に関わり、善悪の判断をし、何かを求めます。ですが、それは一つの立場からの視点に過ぎず、他の視点を生かすことが出来ません。それを絶対視していると他者と分かり合えず対立や分断に発展していきます。

だからまず人は自らの価値判断を手放す必要があるのです。そして、「自分が・・・」という意識を超えて、すべての出来事をいただく心を育んでいきます。その先に人類の未来が開かれるはずなのです。

それは生命力が切り拓く未来です。生命力についていさどんは「この世界の仕組みに気付き自らの使命に目覚めた時、自然と湧き上がるもの」と表現しています。人はとかく評価を気にしたり、目先の損得を考えますが、その思考の奥には本当の自分がいて、それは世界に生かされ世界と一つなのです。世界と一つ。起きる出来事はすべて自分の顕れ。その心ですべての存在と繋がることですべての出来事は生かされていきます。

だから僕はそんなふうに生きていきます(^-^)


木の花の子どもたち。あっと言う間に集まりみんなで生かしあっています。


コメント

人気の投稿(過去1年間)