スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

識別してそぎ落としていく

戦争などに現れる人間の本質


8月15日、終戦記念日の大人ミーティングでは、
いさどんブログ「これは宇宙プロジェクトです」がシェアされました。

この中でいさどんは第二次世界大戦について説明を始めますが、
その説明は15世紀~17世紀の大航海時代に遡り、現代にまで至ります。
その背後には人間の欲深物語が流れているのです。

人間が自分のことしか考えず、他人のものを奪ってでも豊かになろうとした結果

第二次世界大戦の原因を尋ねられたいさどんは端的にそう答えましたが、
この人間の特徴は現在まで続き、経済格差や内戦などに繋がっています。

このブログからミーティングでは戦争などに現れる人間の本質についての話になりました。

そして、一昨日、以下の映像を見つけ、
終戦前日の8月14日23時30分に熊谷が空襲されていたことを知りました。

8.14,2330 - 最後の空襲、熊谷 ‐

翌日に玉音放送が予定されており、日本が降伏することが分かっているタイミングでの空襲です。
とても理不尽なものですが、これも人間の本質を表しています。

遠い過去から第一次世界大戦、第二次世界大戦を経て、現在まで続く人類の争いの歴史。
それらは人間の本質を表していますが、一つの方向性を追求することによって現れた本質です。

その方向性とは自我による可能性の追求であり、
一人一人が自我の欲望を追求し、それが集まることによって、
第二次世界大戦のような悲劇に発展し、それは形を変えて続いているのです。

今、宇宙は銀河の夜明けを経て、光の時代へと向かっています。
今まで人々は自我の可能性を追求し、離れ離れになっていきましたが、
これからは統合の時代となります。

人間の進む方向性は自我の可能性の追究から、自我を超える可能性へと変化していきます。
その時、全く違う人間の本質が現れるはずなのです。

木の花ファミリーの暮らしは時代を先駆け自我を超える可能性を追求して来ました。
それがすべてのものを分かち合う暮らし(経済)となって現れているのです。

   ※木の花ファミリーの経済については以下を参照して下さい。



自我を超えるためには、自我を知り、それと向き合う必要があります。

戦争などに現れた人間の本質は、自我が生み出したものであり、
自我を超えるためにはそれと向き合わなければなりません。
そのため僕たちは戦争などについて語り合う時間を大切にしているのです。

識別してそぎ落としていく


ところで、今日8月17日は父親の誕生日です。父さんは今日で70歳となりました。
僕は父さんから沢山の特徴を受け継いでいて、それは僕の自我となり、定期的に顔を出します。

1年前の10月、気付かぬうちに自我の可能性を追求し、
疲れて投げやりになっていた僕に対していさどんは以下のように語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

話すことがないというのはあなたの都合であって、
そのあなたの都合が全体にどんなものをもたらすのか?
そういうことを自分で感じてコントロールする段階に行かないといけません。
今、自分にはまっているからそういうことを言っているわけだけれども、
全体性というものを大事に考えていたら、そういうことは言わないはずです。
今のあなたの状態は定期的に起きてくるもの。
定期的に起きてくるならば、今はそこのポイントのところに向う良いチャンスだと思うが、
それをやらないといつまでも超えることは出来ません。
今、何をやれという具体的なことは何も言いません。
ですが、あなたのその姿勢では問題です。
きちんと向き合い超えていく。
それが覚悟というものです。
一人一人が自分と向き合ってみんなで場を創っていくのです。
そういうことをしないと次のビジョンは実現出来ないのです。

日頃、自分が安定している時に極めていこうという志と、
一度何か滞って、自分から見て自分自身の印象が悪い時の開き直り、
そして、やる気のなさがあなたの場合、極端になっています。
ですが、それは本当は逆なのです。
日頃の時ももちろん大事ですが、自分がやる気がなくなった時に自分と向き合う。
そこが一番のポイントです。

日頃、一生懸命に積み上げていたものが、
その状態だとある瞬間に全部ぶち壊してしまいます。

このあなたの本質が変わっていないのは、
覚悟を決めてそこに向き合っていないからです。



☆彡 ☆彡 ☆彡

つい最近、同じような疲れに襲われてしまいました。
自分を高め、全体を意識して過ごそうと努力していましたが、
その奥には自我の欲があり、それが噴き出す出来事があったのです。
これは本当に印象が悪い出来事で、1年前なら嫌になってやる気を失っていたでしょう。

ですが、今は違います。
昨年の滞りは僕の中で生きています。
加えて僕は、他の場面でいさどんが以下のように語っていたことも思い出しました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

失敗して落ち込む人はその失敗で全部をなしにしていまいますが、それは違うのです。
自分自身と失敗をしっかり分析し、残すべき部分は残し、不必要な部分をそぎ落としていく。
そういう作業をする必要があるのです。
そういう作業をせずに良い部分、例えばやる気や前向きな気持ちなど。
それらもなしにしてしまうのは本当にもったいないことです。
それでは学びを積み上げていくことは出来ません。

☆彡 ☆彡 ☆彡

僕は自分を高めようとして、全体を意識して、日々の生活と大人ミーティングを楽しんでいました。
その姿勢は残すべきものです。
そぎ落とすべきは自我の欲であり、それをしっかりとやっていけばいいのです。

そんなふうに気持ちを切り替えると不思議と疲れが消えていきました。

心が変わればすべてが変わる

そんな言葉を思い出す瞬間でした。

わーい(^-^)


そうそう最後に戦争の話題に戻ることを忘れてはいけません。

自我の可能性を追求した人類は二つの世界大戦をはじめ様々な悲劇を生み出しました。
ですが、それは同時に科学技術をはじめとした知識を人類にもたらしているのです。
それらの知識はこれからも生かしていけばよいのだと思います。
そぎ落としていくべきは、自我の欲望です。

知識は生かし、欲望はそぎ落としていく。

そうすることで、人類の歴史はすべて生かされ、統合の未来へと至ることでしょう。









コメント

人気の投稿(過去1年間)