スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

心が変わればすべてが変わる

人類の可能性を切り拓く」で紹介しているように、
木の花ファミリーでは今、医療革命へ向けた取り組みをしています。
それは心への取り組みであり、心を変えることによりすべてを変えていく取り組みです。

昨晩の大人ミーティングではその話題を受けていさどんは以下のように話し始めました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

心が変わればすべてが変わる。

その言葉を聞いてテロが浮かんできました。テロも人類の病気と言えます。
最近、イギリスは国民投票でEUからの離脱を決めました。
それに対して世界中が自国の通貨のレートや株価を気にして反応しました。
これも病気と言えるのではないでしょうか?
今、イギリス国内は世論が分断しバラバラになっています。
国民投票をやり直したいという声も生まれ、これは一種にうつ状態です。
このように見ていくとこの世界は病気だらけです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

この話を受けて、僕は思いました。

イギリスの国民投票の結果を受けて、株価は大きく下落し、
その後の1日間だけで、世界の株式市場で2兆ドルもの含み益が喪失したようです。
businessnewslineより)

ですが元々、株価は実体経済よりもはるかに大きな数字となっています。
実体の伴わない数字により経済が運営され、それが時に実体経済を脅かすのです。
株価はイメージの世界と言え、それが世界を覆い、実体を見えなくしている。
そんなふうに思えます。

そして、その姿が人間の病気にも当てはまると思ったのです。

人間の心はいろいろな想像やイメージを生み出します。
それがその人の人生を覆い、実体を見えなくしていきます。
心が生み出した想像により人生が営まれ、それが時に実体(肉体)を脅かしていく。
それが病気なのだと思います。

今、多くの人が自らの実体(実態)を知らずに、
自らが生み出したイメージに翻弄されて生きています。
それが今の病気とも言える世界の状況を生み出しているのです。

それは人間の心が生み出しています。

だから心が変われば世界が変わり、すべてが変わるのです。

そのために一番必要なことは自らの実体(実態)を知り、それと向き合うことです。
実体(実態)と向き合うことで、人は自らが生み出したイメージや想像の奥に辿りつきます。
この時、人は自らの意思で新しいイメージや想像を生み出すことが出来るようになります。
そして、それが実体(実態)へと影響し、本当の変化へと繋がっていくのです。

宇宙や自然は常に変化し続けています。
ですが、人間は実体(実態)を離れ、イメージに翻弄されることで、同じことを繰り返すのです。

大切なのは実体(実態)に立ち返り、そしてそこと向き合うことです。
その時、宇宙や自然の本質通り、人は変化し続けていきます。

それは精神革命であり、一人一人の精神革命が新しい世界を生み出します。

そんな未来に向けて、共に語り合いたい方には以下のイベントをお勧めします。
共にわくわくする時間を過ごしましょう(^-^)

7月16日~18日 第10回大人サミット 地球会議 in 木の花ファミリー


そして、もう一つ宣伝。


木の花ファミリーから新しいサイトが生まれました。
その名も、木の花ファミリーで起きたことを検証する です。
副題は、「人類の可能性に挑戦する、大いなる実験場」
宇宙や人類の本質を明らかにし、新しい未来を描き出すサイトです。
これから順次、更新されていくので、お楽しみに(^-^)


6月2日玉ねぎ収穫の際の写真。実体のある暮らしを営んでいます。






コメント

人気の投稿(過去1年間)