スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

生きることが事務

栁澤さんは学校事務職員時代の仲間ですが、今年の3月毎日新聞で紹介されました。
そして、今回、本(『本当の学校事務の話をしよう』)も出版するようです。  

当時、僕は栁澤さんからたくさんの刺激を受けていました。

彼と学校事務の話をするのはとても楽しくて、夢が広がって、
いろいろなアイデアが沸いてきました。
そして、そのアイデアを実践に移し、そのいくつかを実現してきました。

例えば、教材費の集金方法を決めるのに保護者アンケートを提案し実施したのですが、
それは学校での意思決定の在り方に一石を投じたのではないかと思っています。

学校事務時代、僕は栁澤さんを含め多くの仲間に恵まれました。
仲間と共に学ぶことで、僕は「事務」についての考えを深めていきました。

事務とは全体を効率よく運営すること。

これが仲間との交流の中で育まれた考えです。

お金の計算も、書類の作成もすべて全体を効率よく運営するためにあります。
効率よくするために情報の共有や発信が重要になります。
情報の共有や発信を通して、日々の地道な作業が「みんなで創る学校」へと繋がっていくのです。

僕が栁澤さんと共に過ごしたのはもう7年も前になりますが、
当時から栁澤さんは、教職員や保護者向けに事務だよりを発行し、
みんなの視点を広げ、みんなの学校創りに大きく貢献していました。

きっと今はもっともっと成長しています。

新聞や本の出版を通してそんな彼の活躍を知るととても刺激になります。

今、僕は木の花ファミリーにて、経理や管理事務をしています。
場所は違うけれども、事務をしている僕にとって、
栁澤さんは目標でもあり最大のライバルです(と僕は思っています)。

そう、僕は木の花ファミリーで事務をしているのです。
ここで暮らしてもうすぐ丸7年になります。
この7年で僕も当然成長をしています。

どんなふうに????

どんなふうに僕は成長しているのでしょう????

昨晩の大人ミーティングでは、以下のようなことが話されました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

日常のなんでもないようなことの奥に、この宇宙の意志が隠されている。

人それぞれ日々の暮らしで出会うことは、その人オリジナルな体験であり、
それを読み解くことにより、人生の目的、宇宙の意志が明らかになる。

☆彡 ☆彡 ☆彡

日々の暮らしの奥には宇宙の意志が隠されています。
それは日々、僕が行っている事務も同様です。

学校事務職員時代、僕は意図をもって事務を行い、
その意図を通そうとしていました。

僕は頭で考え、意図し、それを実現するために行動していました。

目標が思い描いたものに固定していたのです。

それは宇宙の意志ではなく、僕の意志でした。

それでは今は?

今はどうかというと、僕は何かを実現することを目的にはしません。
出会うことを通して、自分を知り、世界を知ることを目的にしています。

日々の事務作業を通して、宇宙の意志を感じ顕かにしていくのです。

この世界を運営している宇宙の意志。
それを顕かにすることは全体の効率に繋がっていきます。

全体の運営を宇宙の意志に委ねる。
そして、それに沿って最大限の努力をしていく。

それが今、僕にとっての事務です。

生きることが事務。

そうとも言えるかもしれません(^-^)

木の花ファミリーのみんな@恵みいただきます。みんなと共に生きることが僕にとっての事務です。








コメント

人気の投稿(過去1年間)