スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

暗闇の中に光の柱が立ち上がる

賢者は己の敵から多くのことを学ぶ

これは古代ギリシアの喜劇作家アリストファネスの言葉。
風呂場の日めくりカレンダーで目にしました。

この世界は自分の鏡と言います。

敵が目の前にいるということは自分が敵を生み出す心をしているということです。
敵と向き合うことは己と向き合うことになり、
そのためそこから多くの学びを得ることが出来るのでしょう。

人々がこんな姿勢になったら、世界で起きている戦争もなくなるのでしょうね。

3月19日トルコのイスタンブール、3月22日ベルギーのブリュッセルと大規模なテロが続いています。
テロが起きた時の対応は、テロリストを敵とみなし、それを排除しようとするのが一般的です。

自分とは全く別の存在と見なす。

そこには敵から学ぶ姿勢はなく、自分自身に対する認識も深まらず、
だから現状は変わらないのではないでしょうか?

そんなことを思いました。

日々の生活でいろいろな判断が自分の感情に彩られているのを感じます。
無自覚に自分視点の物語を生み出しているのです。

その自分視点の物語が時に敵を生み出していくのです。

この世界で起きることは良いも悪いもなくすべてお互いさまです。
それが一人一人、自分の視点に立つと自分が正しく感じるようになります。
自分自身の価値基準でこの世界を裁き評価します。
そして、悪を排除しようとして争いが生まれます。

それらはすべて自我(エゴ)の働きです。

1ヶ月間の真学校最終日、いさどんが語った挨拶「あなたのリセットはあなたに託されています」では、自我の囚われからの解放としてリセットという言葉が使われています。そのリセットは一人一人に託されているのです。

自我の囚われの中にいると、人は自らが記録する歴史の中で世界を経験し判断します。
ですが、リセットし、囚われから解放されると、無限に続く宇宙や生命の歴史が呼び覚まされていくのです。その時、自らの生命も無限となり、すべての存在と繋がっていくのでしょう。
そして、世界から争いがなくなる日が来るとしたら、人類がその意識に目覚めた時です。

3月20日は春分の日でした。
太陽が春分点を通過する春分の日は、天体上では1年の始まりと言えます。
宇宙の歴史の小さな節目であり、新たな始まりです。

その節目を機に、日々の生活の中で自らの意識を宇宙に繋げていくことを新たに誓います。

(^-^)

ちなみに春分の日、僕は子どもたちとサッカー観戦に行っていました。
1年の始まりに普段より多く子どもと接し、子どもたちを知り、自分を知る機会ともなりました。

一緒にサッカーを観に行った子どもたち


サッカー観戦の時、キッチンさんが作ってくれたお弁当

そして、宇宙と言えば、3月17日、夜中の1時頃。

僕は西の空に明るい光を観ました。赤く輝いていてとてもきれいで厳かな感じがしました。
その時、僕はカメラを持っていなかったのですが、取りに行って写真を撮りました。


暗闇の中に光の柱が立ち上がる。

そんなことを感じたのですが、この輝きに出会う直前、
僕は大人ミーティングにてみんなと子どもについて語り合っていました。

大人の姿勢が子どもに現れる。だから日々、自分たちの暮らしに柱を立てる必要がある。

そんなことを確認した直後に出会った輝きです。

今年は子どもが大きなテーマとなる。

そんなことを感じています。


コメント

人気の投稿(過去1年間)