スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

一人一人の正解を創っていく。

1月10日、今年初めての新月の日。
木の花ファミリーではどんと焼を行い、お正月飾りや子どもたちの絵などを天に返しました。



新月は浄化の時であり、新しいスタートの時。
そこでいさどんは以下のように語りました。
(以下、「人類が宇宙視点に立つスタートの年が始まりました!」より抜粋)

☆彡 ☆彡 ☆彡

2016年が明けまして、今日は10日目です。正月を迎え、このどんと焼きの日を迎えることは、粛々と地球が宇宙を旅しながら、毎日自転を繰り返し、2017年に向かって歩んでいるのです。それは、時を刻んでいるだけではなく、実際に物理的にも宇宙を移動しているのです。そろそろ、地球にいる人類もその仕組みの中で生きていることに気付かないといけません。わたしたち人類がそういった宇宙的な視点のもとに生きていかなければ、これ以上人類が栄え、地球に生きている真の意味を表現することはできないのです。

~ 中略 ~

2016年に入り、人類が宇宙視点に立つためのスタートの年が始まりました。そして、それにふさわしい役割をこの小さな集団から地球全体に示していくのです。この世界は魂の世界ですから、世界が動いているのもその魂が存在し、わたしたちはその延長に生きているのです。そして、その世界の仕組みの中で、わたしたちは魂を最優先にして連携していく時代に入ったのです。そういった意味で、天と地、そして世界中の霊的ネットワークがこれからますます広がっていくことを願い、2016110日どんと焼きの日にあたって、皆で乾杯したいと思います。

それでは皆さん、乾杯!!
おめでとうございます!!!

☆彡 ☆彡 ☆彡

新月は宇宙の運行の現れ。それはスタートの時で何かを宣言するのに相応しい時。
そんな時に、ファミリーのみんなと宇宙視点に立つことを確認しました。

そして昨晩(1月13日)の大人ミーティングでは、クローズアップ現代の「"未来の紙"が世界を変える!?~日本発・新素材の可能性~」を観て、セルロースナノファイバーの持つ可能性を共有しました。

植物という豊富な資源から生まれ強度は鉄の5倍で軽い素材。
加えて、生体に害がなく(生体親和性)、環境にも負荷が掛からない。

それは夢の素材と言えて、自動車のボディやスマートフォン、
包装材や運動靴など様々な用途への活用が可能になります。

豊富な資源をみんなで分かち合う。

人々の心次第では、そんな経済を生み出す可能性も秘めています。

確かに時代が新しい流れを生み出している。

そのことをみんなで確認をしました。

そんな時代に相応しくあるために、一人一人がしっかりと自分と向き合う必要があります。
その際、肩に力を入れる必要はなく、立派に振る舞おうとする必要もないのでしょう。

数日前いさどんは語りました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

心に浮かんだことを話していく。
そのことがその人らしい正解を作っていくのです。
立派な言葉を語ることが正解ではありません。


立派な言葉を語っていても精神がついていっていない人は多くいます。

☆彡 ☆彡 ☆彡

立派なことを語ることで自らが見えなくなることもあります。
世界の多くの指導者がそんな状態にあると言えるではないでしょうか?

民主主義では選挙で当選するためには人々に選ばれる必要があります。
そして選挙にはお金が必要になります。
そのため人々に受けが良い言葉を語るようになり実態は二の次になっていきます。
指導者はそんなふうにして自分を失っていくのです。

指導者の姿は民意の表れです。
多くの人が世間の受けを気にして、自分を失っているのではないでしょうか?

世間の評価を気にする。
それは世間の評価に自分を奪われている状態です。
世間の評価に動かされ、欲望し、欲望に翻弄されることで、混乱を生み出していくのです。

宇宙視点に立つとは、元に仕組みに気づくことであり、本来の自分を取り戻すことです。
そのために心に浮かんだことを一つ一つ大切にして自分を積み上げていくのです。

大切なのは自分に向き合うこと。
自分を積み上げると同時に余分なものをそぎ落としていく。

ただそれだけです。

自分を取り戻し、自分を積み上げていけば、あとは世界が自分を生かしてくれるのです。
そして、そんなふうに生きる人が増えた時、世界は自然と整っていくのです。

だから僕はそんなふうに生きていきます。

この文章に共感した方。自分を取り戻し、自分を積み上げていきたい方。
2月14日から始まる一ヵ月の真学校はまさにそんな機会となるはずです。
是非、ご参加ください(^ー^)

どんと焼の日、みんなで撮った写真です。

コメント

人気の投稿(過去1年間)