スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

究極の真理(天)には心がある

日本時間7月14日夜、アメリカ航空宇宙局(NASA)の探査機「ニューホライズンズ」が冥王星に1万2000kmの距離まで最接近したそうです。その直前、6万8000km離れた地点から冥王星を撮影した写真が発表されていますが、そこにはハートマークがくっきり見えているのです(「冥王星、ハートマークがくっきり『ニューホライズンズ』が最接近(画像)」参照)。



占星術や地球暦では、冥王星は、死と再生、究極の真理を意味します。

究極の真理には心(ハート)がある。

そんなふうに取れてとても面白く思いました。

究極の真理。それは天の法則とも言えます。天には心があるのです。

ところで、他者の心を理解した時、それを自分の心のように感じるものではないでしょうか?
他者の喜びが自分の喜びとなり、他者の痛みが自分の痛みとなります。
ということは、天の心を理解した時、それは自分の心となっていくのでしょう。
その時、自分の心の質が大いなるものに変化していく。そんなふうに感じています。

☆彡 ☆彡 ☆彡


農事組合法人木の花ファミリーは、僕が住んでいる静岡県富士宮市だけでなく、長野県大町市にも事業所があり、大町ビレッジとして営農活動を行っています。

最近の大町ビレッジの様子です。


大町ビレッジでは、昨年の5月から農業倉庫を良心的な価格で借りていました。この倉庫については自分たちで動力工事を実施し、穀物乾燥機を導入し、今では大町で営農活動を行う際に欠かせない存在になっています。

この倉庫について突然、「他の人に売る」という連絡を大家さんから受けました。この話を聴いた時、大町ビレッジの人たちは倉庫を返すことを考えたようです。

ですが、それは現実的ではなく、倉庫を借りる際に交わした契約書には、売買の第一交渉権が僕たちにあることが書かれているのです。そのことを大町ビレッジの人たちに伝え、大家さんに購入の意思を伝えました。

すると当初聞いていた額より値上がりした額が提示されたのです。

なぜ値上がりしているのか?

みんなそのことに疑問を持ちました。

 ???(゚д゚)ハァ? ???

ですが、必要なものなので購入しようとみんなで決めました。
そして僕は契約を結ぶためいさどんと大町に向いました。
 ※この時いさどんと交わした会話は、以下のブログとなっています。
  「天に想いを返す」 「そこにある違いを知る」 「プロセスを楽しむ

この時、「どれだけ値下げして当初の金額に近づけるか?」と考えているメンバーもいました。

大町に到着し待ち合わせの場所に行くと、宅建の資格を持っている方が来ていました。
そして以下のように言うのです。

この倉庫の価値から考えると今回提示した額はとても安すぎるのです。今回、是非とも契約を結んでいただきたいのですが、出来たら売買金額を上げていただきたいのです。検討していただけないでしょうか?

この話を元にまたみんなで話し合いましたが、購入金額については様々な意見が出ました。

この物件に価値があり、購入する必要があるのでは事実です。
とはいえ、急にお金が集められるわけではありません。
相手の意向に応える必要はありますが、現実的に対応できる数字を出す必要があります。
その数字をみんなで考えて出しました。

こんなふうにして倉庫を購入したのですが、その過程で僕たちの心が試されました。

大家さんより「他の人へ売る」という話を聞いて、倉庫を返そうと思うこと。
当初の額より値上がりした時、値引き交渉をしようと思うこと。
そして、大家さんより値上げの要望を聞いた時にそれぞれの人が考えた数字。

これらには、その時その時、それぞれの人たちの心が現れています。
それは自分を知るよい機会となっているのです。

自分の立場だけでなく相手の立場も考える。そして筋道を通していくことが大切です。

この倉庫購入の話は自分たちが意図したことではありません。
そこに何か流れ、天の心を感じました。

天の心とは道理であり、客観性なのだと思います。
この視点に立った時、自分の都合を通すのでもなく、相手に媚びるのでもなく、
交渉の中で天の心を表現していけるのだと思うのです。

実際、僕たちにとってこの倉庫購入は一つの物語であり、学びの機会となりました。

すぐに結論を出さずに一つ一つのプロセスを大切にしていく。
そして、その時その時の自分の心に向き合い、相手の心に想いを馳せる。
そして、天の心に想いを馳せそれを表現していくのです。

こんなふうに自分の心を創っていこうと思っています。(^-^)。









コメント

人気の投稿(過去1年間)