スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

心を磨いた結果出会うこと。

宇宙の秘密みかこのブログ「ミノナライ」が大人ミーティングで読まれた時、

いさどんが来る時に限って失敗する」

という発言がありました。その原因について僕は「評価を求めて硬くなってしまうからそういうことが起こるのかな?」といさどんに尋ねました。そんな僕に対していさどんは以下のように話してくれました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

僕が行くことで緊張するとかそういうことではなくて、多くの人は自分のやっていることが見えていないのです。そこに僕が行くことによって、見えていなかったことが明らかになるのです。つまり、それまではOKにしていたことが、よく見ることによってOKではなくなるのです。こういう人は普段から失敗をしているのです。

多くの人は自らの欲望のままにそれに翻弄されて生きています。
これは意識が自分にばかり向いている状態です。
この状態では心からの気づきは生まれず、失敗も見えないのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

いつも様々な気づきを得ているいさどん。
いさどんは普段から宇宙を意識して生きています。

☆彡 ☆彡 ☆彡



好むと好まざるとに関わらず明日は必ず来ます。
好むと好まざるとに関わらず人は老いて死を迎えます。
これはものすごく大きな法則で、天体の動きがそのまま表現されています。

僕にはこの世界に星々の運行が見えます。初夏が来て緑が濃くなっているのも地球の自転と公転の動きの現れです。地球に時代が巡ってくるのも太陽系の中の冥王星と太陽との対話によって出来ています。そして、我々が還暦を迎えるのは、土星と木星との対話で成り立っています。我々は全部、星回りで生きているのです。(地球暦を参照して下さい)

こういうことを常日頃考え語っていたら、自らの欲望に心奪われることはなくなり、気づきが生まれ物事がスムーズに流れていくのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

つい最近、僕は自らの望みを増幅させていました。そしてその望みに捕らわれていました。意識を向ける方向を間違えその結果気力が落ちていました。そんな僕に対していさどんが言葉を掛けてくれました。

☆彡 ☆彡 ☆彡

常に意識を全体性に持っていく必要があります。
あなたは今、個人的願望を抱えているわけだけれども、それをどう超えていくのか?
それが重要です。
個人的願望が全体性と共通していればいいのです。
例えば、個人的願望が宇宙の法に基づいていたら、それは理に適っていきます。
個人を高めるためというならば、それは全体性を持つことが個人を高めることであり、
全体性と個人は本来、共通していることなのです。
ですが、個人が抜きん出てしまうと、天が「それは違う」と滞りを与えてくれるのです。

心を磨いた結果出会うことがあります。願いが叶わない状態も自分を高める要素です。
「はい!分かりました」と叶うようなことなら、その願いは本当に自分を高めません。

だから何より心を磨き続けることです。

そして、自分を高める努力をしていると、その努力したことでエネルギーが消費され、他のものはいらなくなります。いらなくなった状態をさらに超えた世界。共通の世界で極めていく世界がその次にあるのです。個人で高める努力から「みんなで」とか「一つになる」というところで極める世界があるのです。

それは前人未踏の世界。我々は前人未踏の世界を創らなければならないのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

僕はいさどんの言葉を理解しました。そんないさどんの言葉を「言ってもらった」と思って聴いていたら、なかなか活かすことは出来ません。僕はいさどんの言葉で真理を思い出したのです。数日前の大人ミーティングでいさどんは以下のように語っています。


☆彡 ☆彡 ☆彡

理解できるということは思い出したということです。
もし僕の話が理解出来ているならば、それは自分の中から湧いてきているのです。
「言われた」という意識でいたらそれは受け身の態度です。
その状態では、その後の実践になかなか繋がりません。
僕の言葉を自らの中から湧いてきたものとして実践していくことが大切なのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

いさどんの言葉は僕の中から湧いてきたものなのです。

そう、だから僕はもう自分の望みに捕らわれません。
そう、だから僕は常に全体性を意識していきます。
そう、だから僕は前人未踏の世界を目指します(^-^)

コメント

人気の投稿(過去1年間)