スキップしてメイン コンテンツに移動

木の花の暮らしについて書いた記事

木の花ファミリーの暮らしとは・・・・

木の花ファミリーでは9月10日に稲刈り神事が行われ、13日に新米をみんなで食しました。人は自然の恵み、お米という命をいただき自分の命を次へと繋げていきます。それは自然の大いなるサイクルの一部となることであり、そこに意識を向けることで自分の心は大いなる循環へと開かれ自然と一つになっていくのです。

人は自然や他者に生かされているのです。

木の花ファミリーではそのような心を大切に育んでいます。
それではそのメンバーになるとはどういうことでしょうか?

木の花ファミリーメンバーになるということは自我(エゴ)を超える道を歩むことです。今、多くの人は自我の赴くままに暮らしているので、自我を意識することはあまりありません。ですが自我を「超える」と決めることにより、その人の自我は浮き彫りになります。浮き彫りになることで自分と向き合うことになるのです。

行動基準~死の向こうまで伴える価値を積み上げていく」に描かれているように、過去には木の花ファミリーを離れていくメンバーがいましたが、彼らはその時点では自我のままに生きることを選び、自分と向き合うことを止めました。

自我を超えることを選び、浮き彫りになった自我に苦しみ、そしてそこから離れていく。

そこには一人の人間の物語があり、彼らを知ることは人間の業の深さを知ることに繋がります。そして今、社会には様々な問題が起きていますが、そこにも人間の業の深さが現れています。これらの出来事から浮かびあがる人間性、その業の深さ。その奥に時代の流れを感じます。今の時代、人間の自我は以下のような状態にあるのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡

我思う、故に、我あり。(コギト・エルゴ・スム)

私が存在するのは、私が思考しているから。

自分の存在基盤を自分の思考に求めたこのデカルトの言葉は、自我による自然からの独立宣言で、他者の存在なしでも自分は存在出来るという幻想を生み出しました。

自然から独立した自我は、自然をただの物質と捉え、切り刻み利用していきます。それは自我による可能性や欲の追求で、その結果、物質文明は発展しますが、自然環境は限界を迎え、人々は離れ離れとなり、自我は孤独になっていきました。

孤独となった自我は、不足感を持ち、それを埋め合わせよう努力します。不安から必要以上に求めるようにもなります。それは自然から離れた自我の生み出す矛盾です。矛盾した努力は天の法から外…

今年もあと1日。

NHKのニュースで東京証券取引所の大納会のニュースが流れていました。年末終値は前日より279円7銭値下がりして1万7,450円77銭、これは終値としては15年ぶりの高値のようです。東洋経済ONLINEでは2営業日で368円下落したことに注目して報道されていますが、NHKは高値を強調して報道していました。そして、来年も株価が上昇することを願う言葉を伝えています。

昨晩の大人ミーティングにて、いさどんはこのニュースを話題の出発点として以下のように語りました。(僕の記憶で書いているので、完全には正確ではありません)

株価が上がって喜ぶ人は一部の人で、汗水流して働く人々はその恩恵は受けません。でも、こんなニュースが流れると、株で儲けたいと思う人が多くなります。すると、汗水流して働く人が減っていきます。それは健全な社会の姿でしょうか?汗水流すことで得る僅かな収入で暮らし大人は、子どもには勉強をさせて将来、楽をさせたいと願います。そして、そんな子どもたちの中には、貧しい人たちを助けたいと医者を志すもので出てきます。ですが、医者は病人がいて初めて成り立つ仕事です。病に依存しています。加えて、生活を成り立たせるために収入におわれ、最初の理想も失っていく可能性が大きくなります。現実の中で何かが狂っていくのです。

加えて、そんな子どもたちが医者になれる可能性はとても低い現状があります。東大生の親の年収ですが、57%は950万円以上というデータがあります(年収ガイド参照)。子どもが東大に入るためには莫大な投資を必要とするのです。教育基本法3条では教育の機会均等が謳われていますが、現実は経済格差が教育格差に繋がっているのです。結果、東大には今、受験勉強が出来る、記憶力が優秀な人ばかりが入学しています。それは本当の意味で「頭が良い」とは言えません。「頭が良い」人とは直観力が働く人です。そんな本当の力を持つ人たちが出て来れない世の中になっているです。

そして、スポーツの世界に目を向けても、そこには歪みが見えます。トップを夢見ること。そこへ向けて人間の可能性を追求することは素晴らしいことですが、反面多くの落ちこぼれを生んでいます。プラス思考ばかりを追求すると、これも歪みに繋がります。例えば、フィギュアスケートのジュニアたち。彼らが表舞台に立つために親はどれだけ多くのお金を投資しているのでしょうか?その背後に親の涙ぐるしい努力があります。それは子どもへの欲の心から生まれているのではないでしょうか?その姿は美しいものでしょうか?

そして世界に目を向けると、イラクやシリアで勢力を拡大しているイスラム国があります。イスラム国がどうして生まれたか?宗教や社会、貧富の差など。イスラム国が生まれるにはそれだけの物語があるのです。そういうことはなかなか分かりません。オバマ大統領が悪と言ったら悪となります。日本でも国益に適わないことは報道されません。真実はいくらでも捻じ曲げられるのです。

ですが、正しい情報が出ていないから間違えということでもないのです。大切なのは、なぜそういう世の中になっているのか?人々の何がそれを生み出しているのか?そういうことを見抜いていくことです。

多くの人々が勘違いをしています。それで一生懸命に生きているのに、世の中を悪くしていっています。その勘違いに気づくように促す必要があるのです。そして、木の花ファミリーの天然循環法の暮らしはそのことを伝えていくことが出来るのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡


子どもたちの洗車風景です。
年末です。昼間は大掃除をし、子どもたちも楽しそうに洗車の手伝いをしてくれています。汚れを洗い流しているのです。同時に僕たちは心の汚れも掃除していきます。そして、それは世界の汚れの掃除にも繋がっていきます。大人ミーティングでは以下のような話もされました。


☆彡 ☆彡 ☆彡

この世界は、ない世界(潜象界)と見えない世界、見える世界(現象界)で出来ています(カタカムナ参照)。そして今、見えない世界には悪い思念が溢れています。山口県で鳥インフルエンザが確認され、3万7千羽が処分されました(NHKニュース参照)。多くの鳥は鳥インフルエンザには掛かっていないでしょう。ですが、生きながらにして殺されていくのです。牛や豚も毎日、屠殺(とさつ)
されています。その怨念はこの世界(見えない世界)に留まります。そして、イスラム国は、1700人の処刑をしていると言われています。多くの無念の魂が見えない世界に留まっているのです。それが世界に影響を与え続けています。ですが、目覚めた人類は見えない世界に働き掛けることが出来ます。天然循環によりない世界に無念の魂を導くことも出来るのです。

☆彡 ☆彡 ☆彡


今年もあと1日になりました。みんなで語り合うことで場を熟成させ、天の物語をみんなで確認し、新しい年を迎える。今晩の大人ミーティングはそんな場になることでしょう。今から楽しみです。


コメント

人気の投稿(過去1年間)